2008年06月09日

親善試合 対ペルー


試合始まる7時少し前に、うちでは大雨が……。
でも幸いすぐにやんで、スカイも無事。

選手入場の顔ぶれを見ると、今日はガリンドやアルセが先発。
グアルダードも先発です。アルゼンチンでの交代は怪我じゃなかったのか?

シカゴのスタジアムはかなり満員、
ペルー人もかなりいるそうです。
ペルー代表にはヴィルチェスがいるな。
あ、それにパオロ・ゲレロも! 久し振り〜〜!
ペルーのユニは白に赤いたすき。

メキシコスタメンはGKオスワルド? 今日はぜんぜん映らない……。
DFオソリオ、ガリンド、マガヨン、サルシード、
MFルチョ・ペレス、シーニャ、アルセ、トラド、グアルダード、
FWヴェラ。

ラミレスの厳しい表情が映りました。
今日もボロボロだったりしたら、目も当てられんもんな……。
頼むよ、ホントに。

と祈っていたら、あらら、ペルー、週日のマッチデーに
どことも試合してなかったせい?
ぜんぜんダメダメで、前半だけで4−0に。
後半は少し持ち直してましたが、どちらもゴールはなく。

まあちょっと息がつけたかな、
ベリーズ戦も、この調子ならば大丈夫でしょう。

試合データはこちら矢印緑






この記事へのコメント
うーん、まあメヒコがすごく良くなったというより、ペルーの守備陣が前半崩壊してたっていう印象が強く残る試合でしたが、、まあ欧州組みの多い守備陣だと4バックの方が馴染みやすかったのは確かでしょうけど。

ちなみにウラ?では何気にアルゼンチンがUSAと引き分けてますね。どうせなら5−0ぐらいで勝ってくれればよかったのに。。
perra brava  2008年06月09日 14:23
ペルー、W杯予選で苦戦しているようで、
次の試合は負けられないはず、なんですよね。
(今調べたらホームでコロンビア、続けてアウェーでウルグアイとやる模様)

だから結構本気の試合だったんじゃないかと思うんですが、
いや、大丈夫かペルー・・・。

メキシコにとっては予選に向けてほっと一安心の試合でしたね(ウラヤマシイ・・・)
楽しみでもあり心配でもある予選ですが、
せめてテレビの放送だけは落ちないでくれよ・・・、
ってのは、そちらもこちらも一緒かな。

monjablanca  2008年06月09日 14:34
良かったー。
とりあえず、快勝ですね。
確かに欧州組が多いですし、ウーゴでずっと4バックだったから
もうそっちのが慣れちゃってるってのはあるんだろうな…。

これで、大丈夫そうかな?予選。
相手が相手ですが、気を抜かないで頑張って欲しいですネ!

アメリカ、確か最近結構親善試合やってましたから
(ちょっと調べてみたら、5/28にイングランドと
6/4にスペインとやってますね…いいトコとやってるな)
チーム状態が整ってきてるってのもあったのかもな…。
Egoist  2008年06月09日 21:41
>perra bravaさん
まあものすごくよくなってたとは思いませんが、ちょっとは持ち直してたかな、くらい?
オソリオ、サルシードのミスも少なかったし、トラドも……。
ガリンドとアルセ、アルゼンチンのときもスタメンで使っていればなあ〜。
そしてペルーがメキシコ状態になっちゃってましたよね。
知ってる選手がほとんどいないので、どうしてあんなだったのかわかりませんが……。
アルゼンチン、ホント、どーせなら、ねえ?ブツブツ
ま、他人に期待するほうが間違ってますか(笑。

>monjablancaさん
ペルー、そうなんですか……。
嫌いなチームじゃないので頑張ってほしいんですけどねえ。
このメンバーで予選に臨むとなると、かなり不安でしょうね……。
ゲレロもなんか、いいとこなしだったし。
でもメキシコもこれで気を緩めたらいかんのですよ!!
Estoのアンケートで、このスコアをどう思うか、
すンばらしい! 大変よろしい、よろしい、まあまあ、騙されるな!(意訳含む)
の5肢選択で、最後のが半数近い結果に笑っちゃいましたけどね、
どんだけ代表不信なんだよ、って、でもわかるけど、ってところがまた……。
これでルンルン気分でいたら、負けるとかまで行かなくても引き分けたとか、
大いにありそうですもんね。
まあまずはベリーズ相手に、しっかりやってほしいもんです。
しかし放映落ちは勘弁してほしいですよねえ。
今回は幸い数分で(本文打ち間違えてたことに気付いて訂正しました)よかったですけど。
これから本格的な雨季、お互い頭が痛いですね……。

>Egoistさん
そーなんですよ、まあひとまずちょっとは安心できました。
Estoの記事なんかによると、あれでもまだ3バック?
http://www.oem.com.mx/esto/notas/n727344.htm
オソリオが確かにけっこう上がってましたけど、でもあのくらい普通だけどなあ。
それに見た感じは4バックでした。
私は5バックでも行けると思ってるんですけど、
3バックはないだろうと、それもアルゼンチン相手に。
でもまあベリーズ相手にもとにかく、きちっとやってほしいですね。
USA、ほほう、そんなに親善やってるんですね。
ホントに本腰入れて頑張ってるんですねえ。
なんて、他人事みたいにノンキに言ってる場合ではないですか……。
メキシコも、早く大量の怪我人その他、戻ってきてそろってくれるといいけどな〜。
今回の(ベリーズ戦含め、ですが)招集メンバーはやっぱりちょっと心細かったですよね。

追記ですけど、昨日の試合がシカゴであったので、
エリクソンはシカゴファイアの試合も観戦して、クアウテモックのプレイを見たそうです。
記事がなくて、写真だけですが。
http://www.mediotiempo.com/galeria.php?id_galeria=1103
クアウ、最近シカゴですごく調子いいみたいだし、充分可能性はありますかね。
エリクソンの昨日の親善試合のスタジアムでのやり取りがEsto記事にありました。
http://www.oem.com.mx/esto/notas/n727335.htm
今のところ基礎スペイン語は聞けばわかる、答えは英語、レベルみたいです。
なんか……ワクワクわんぱく小僧みたいなメキシコ人マスコミ関係者に囲まれて、
ちょっと困惑しているエリクソンの姿が思い浮かぶような記事で、笑えました。

ああ、それから、グアルダードはやっぱりアルゼンチン戦、怪我で交代してたようです。
ヴェラも、アルゼンチン戦で軽い怪我、でもどちらも、
休養とケアでペルー戦には出られた程度、とのこと。
でもまた痛みがぶり返しているようで、ベリーズ戦までにしっかり治療を、
http://www.mediotiempo.com/noticia.php?id_noticia=58730
という話が出てました。
攻撃陣は替えがほとんどないからなあ、今のところ。
 2008年06月09日 23:07
ご無沙汰してます。

細かい話ですがこの試合も3バックでしたよ。
DF右からマガヨン、ガリンド、サルシド、
右サイドにオソリオ、左がグアルダード、
ボランチがトラード1人でトップのベラの下に
アルセ、ルチョ・ペレス、ジーニャが並ぶ形でしょうか。
見方によっては3-3-3-1といった布陣ですね。

U-17を率いてたときからラミレス監督は3バック一本じゃ
ありませんでしたっけ?私個人としてもメキシコはやっぱり
3バックだよな〜と思います。ただアルゼンチンは3トップ
気味でしたので4バックでよかったのかもしれませんね。
no name  2008年06月10日 17:13
>no nameさん
お久し振りです〜。
うーん、そこらは以前、Egoistさんともいろいろ検証したことがあるんですけど。
メキシコでいわゆるラテラル、カリレロってポジションを、DFと見るかMFと捉えるか、
2006年辺りからメキシコメディアも少しずつ欧州的な見方(MF)にシフトして来ているようなんですけど、
それ以前はメキシコでは、完全にDF扱いだったんですよね。
(5バックというのはだから3バック+両ラテラルですね)
で、ラミレスが以前からずっと3バックだった、というのはもしかしたらそのとおりです。
私はユースの試合、そんなに見てないので、そこまでは遡って自信持てないんですが。
が、今回の試合、右のオソリオと左のグアルダード、同じ高さではなかったと思いますが。
グアルダードの向かい側にいたのはむしろアルセでは?
オソリオとグアルダード、ラテラルとして比較すると、
オソリオは守備6割に攻撃4割くらい、
グアルダードは守備2割、せいぜい3割であとは攻撃に専念、
といった印象だったんですが、いかがでしょう?
私の理想のラテラルとしては半々、やや守備に重点、くらいなんで、
グアルダードをラテラルとは認識しなかったんですよね。
このラテラル・カリレロという役割、私はすごく好きなんですが、
メキシコでも最近減ってきているようで、残念です。
 2008年06月10日 23:09
どうもです。

私が見た映像のスタメン表でも4バックになって
いたのですが、サルシドが中央寄りで深いポジション
だったのに対し、オソリオが高い位置を取っていたことで
3バックだなって思いました。ウーゴが監督のときの
左サイドバックのサルシドならグアルダードを追い越して
いくことも度々あるはずですし、もし4バックならあれほど
マガヨンが右側へ出ることもなかったですからね。

グアルダードとオソリオに関しては単にプレースタイルの
違いだと思います。グアルダードは自身のコンディションや
守備に専念するサルシドの存在、ペルーの不甲斐ない
出来もあって守備の負担が軽減されていたともいえるでしょうか。

ま、試合が始まってしまえば選手は目まぐるしく動きますから
あくまでシステムは試合を見る上での指標のようなものですけどね
(表記は別として3バックなのか5バックなのかも展開次第かな)。

ところでこの中継の中で選手の人気投票みたいなのをやってたの
ですがグアルダードが75%を集め、2位ベラの(確か)15%を
引き離して断トツのトップでした。いやぁ凄い人気なんですね。
no name  2008年06月11日 06:12
>no nameさん
テレビのスタメン表ってテレビ局が面子を見て適当に作ってると思ってるんですが、
真相はどうなんでしょうね(笑。
試合始まってみたらすごく意外なフォーメーションで、最初に出てたのとぜんぜん違う、
とかってことも何度かありましたし(メキシコのテレビ局ですが)。
オソリオがずいぶん思い切った高い位置にどんどん上がっていってたのは確かですね。
ただペルーが攻め込んできているときにはオソリオも深く下がって
マガヨンが中央寄りに、4人ラインになっているシーンもそこそこあったと記憶してます。
全体としてはペルーのプレッシャーが弱かったので、
グアルダードにしろオソリオにしろ、上がって行きやすかったというのは
おっしゃるとおりだと思います。

選手の人気投票、グアルダードがトップでしたか。
私が見てた局(テレビサ)ではアナと解説者たちがMOMを決めるんですが、
確かグアルダードに3人、アルセに3人でした。
まあ納得の数字かな、と思ったんですが、
ヴェラが引き離されてとはいえ二位とは……。
かなりミーハー票が(ヴェラにも)混じってるのでは、と思うの、私だけでしょうか(笑。
いえいえ、実際グアルダードはすごかったですけどね。
 2008年06月11日 10:27
スタメン表、中南米は適当なイメージがありますが、
国内リーグを数多く放送してるようなところは
正確なんじゃないですかね。結局は放送局次第ですが、
アルゼンチン、メキシコ辺りは割としっかりしてるほう
だと思います。国際大会を単発で放送してるような局は
左右逆ならいいほうで、メチャクチャなのありましたけど。

人気投票にはペルーの選手も含まれていたのですが
ゲレーロ、ソラーノでも3、4%でした。投票を行う若者、
特に10代くらいに人気があるのでしょうね、グアルダード。

そのグアルダード、やはり体調が万全ではなかったの
でしょうか。この試合でも活躍はしましたが、強引に
ドリブルで仕掛けたりせず、簡単にクロスを放る場面が
多かったように思います。

私的MOMは人気投票ではまず上位に来ることはないで
あろう地味なアルセですね(笑)。攻守にサボらず
いつもチームに献身的な彼が2ゴールですから。

フォーメーションに関してはまたベリーズ戦でどういった形を
取るのか、視聴できたら確認してみます。
no name  2008年06月15日 22:06
>no nameさん
普段良くやっているポジションから推定して、というのはありますよね、スタメン表。
そうそう、どこだったか忘れたけど、ぜんっぜん違うよそれッ!と見ただけで言いたくなるようなのも
テレビ局次第なんでしょうねえ。

ペルーの選手も含めてそれだけダントツとは……グアルダードやるな。
もしかしてスペインの投票だった……ってことはないですかね?
で、デポルのファンが大量に、とか(笑。
でもこの試合ではグアルダード、アルゼンチン戦での負傷がまだ響いてたんでしょうね。
プレイしただけでも驚きでしたが、それにさらにしっかり活躍してたのはすごかったですね。
ラボルペ時代から、ロングパスはやや精度が落ちるところが難だった覚えがあります。
でも親善で無理して怪我を悪化されるよりはよかったですね。
アルセはそんなに人気ないですか?
こちらではグアルダードと票を分かってましたし、私もアルセだろ、と思ってました。
むしろアルゼンチンでも同じくらい活躍はしてたけどあんま役に立たなかったグアルダードより、
チームの活性剤となってくれたアルセを評価する人多いのでは、と思ってました。
サントスでギリギリまで実戦参加して調子を崩していないのが一番の強みかもですね。

ベリーズ戦、私はちょっと今日が最後になる友人との会食があるので、
もしかしたらリアルタイムでは見られないかもなんですが、
でも録画でもいいのでばっちり見ようと思ってます。
背番号の問題(monjablancaさんとこで話に出た)も気になりますしね(笑。
no nameさんのご意見、楽しみ&頼りにしてますので、
見られましたらよろしくお願いします。
 2008年06月15日 22:40
こんにちは。ごめんなさい返信が遅れてしまいました。

あれもしかしてアルセって人気ありました?プレーも
容姿も地味な玄人好みの選手かと勝手に想像してましたが
違うのかな。ここのとこの試合ではよく点も決めていて
派手な活躍をしてるようですね。

ベリーズ戦、まだ2試合とも見てないんですよ。動画の
ダウンロードはできたので見たらまた報告しますね。
たぶんベリーズを応援しながら見ると思います(笑)。

ワールドカップ予選やこの予選の方式など感じたことが
幾らかあるので改めて書かせて頂けたらと思いますが、
特にパナマの敗戦は個人的に衝撃でした。

予選前の親善試合、そして予選の2試合とも欠場したバロイは
リーグの決勝戦かどこかで怪我をしてしまったのですかね?
試合会場のクスカトランには来てインタビューを受けていたのですが
パナマの絶対的支柱である彼の不在が最後の最後で大きく
響く結果になってしまいました。残念です。

エルサルバドルが嫌いなわけじゃないんですよ。あれだけの
熱狂的なサポーターを持つ国がこの段階で消えるのは
悲しいですしね。それだけに予選方式に疑問が残るのです。
no name  2008年06月24日 22:51
>no nameさん
アルセは一般のファンの人気はどうだかわかりませんが、
おっしゃるとおり玄人筋にはしっかり認められていると思います。
ベリーズ戦第二戦のMOMもアルセでしたし。
サントスで優勝もしているわけだし、実際いいプレイしてますし、
当然のことでしょうけどね(笑。
私も好きですよ、顔も含めて!

ベリーズ特に1試合目はよかったですよ。
だからメキシコの不甲斐なさも別にそれほど腹が立たなかったり。
そうですね、私もメキシコ勝つのは当然だから、ややベリーズ寄りで見ていたかも。
まあそんなもんですよね。

バロイ、先ほどperra bravaさんのコメントに返してから思い出したんですが、
そう言えばリギージャ最後の準決勝でバロイが怪我して早い時間に交代しましたね。
でもその後怪我の具合がどうとかニュースにはなってなかったので、
そんなにひどくなかったのかと思ってたんですが、代表戦すべて欠場したとなると……。
うーん、medioのニュース検索もしてみましたが、パナマ代表に呼ばれているとしか出てません。

W杯予選の記事のコメント欄でも書きましたが、
エルサルバドルがどうしてシードじゃなかったのか、
サントヴィンセントグレナディーンがどうしてシードなのか、
コンカカフは国の数が多いので、こういう方式は仕方ないと思うのですが、
対戦の組み合わせには疑問が残りますね。
あえて推測するなら、エルサルバドルが1次予選をやって充分なシュート練習(笑)を積んだことが
次ステージの差になって現われたのかも……とは思います。
パナマはいろいろと運が悪かったですが、
それで4年に一度のW杯を逃しては、それでは済みませんよね……。
 2008年06月24日 23:37
準決勝でしたね、モンテレイ。バロイは記事に"Baja"の単語が
あったので、やはりケガだったようです。召集はされていたの
ですがね。

調べると抽選があった昨年11月時点のS&グレナディンの
FIFAランクが同国最高を記録した前の月の73位に次ぐ77位、
対してエルサルバドルは141位です。

グレナディンの2007年の公式な国際試合がわずか3試合で
3戦全敗、エルサルバドルは17試合を行い、(良い結果は
残せなかったものの)黄金杯に出場したにも関わらず、です。
今月はグレナディンが147位、エルサルバドルが120位なので
改めてFIFAランクへの疑問が湧いてきますね。

とはいえ順位が逆でエルサルバドルがシード権を得たから
といってカナダが相手ではやはり厳しかったでしょうけど。

それよりも直前の親善試合でグアテマラを下したパナマ、
またジャマイカを倒していたグレナダが中堅国と対戦して
敗れたのに対し、グアテマラやジャマイカはそれぞれセントルシア、
バハマとかなり力の劣る国を下して楽々予選通過という極端に
不平等なこの予選方式に疑問が残るのです(だからといって当然
負けた国は言い訳できないですけどね)。

また上記のグレナディンもそうですが、ベリーズの監督が嘆いたように
中米やカリブの貧しい国々は資金難などで強化の親善試合すら
満足に行うことができません。プエルトリコにいたっては前回の予選が
行われた2004年から今年に入るまで活動を休止していたくらいです。

そういった国が成長するチャンス(試合)を与える意味も込めて
2試合程度で終わってしまう現在の方式を変えてくれないかなぁ
とマイナー国が奮闘する姿を見るのが好きな私は思うのですが
(皆さんは)どうお考えでしょうか。

すいません、熱くなって長くなってしまいました(苦笑)。
no name  2008年06月27日 22:49
>no nameさん
いえいえ、こういう議論は大歓迎ですので遠慮なくどうぞ。
ただ、非常に興味深い話題ですし、検索などでここに来るかたにも読んでほしいので、
ここではなくW杯予選の記事に移転させてもらいますね。
勝手なことを、と思われるかもしれませんが、どうかご了承お願いします。

http://futbolmexicano.seesaa.net/article/101352838.html
こちらの記事に移行します。
 2008年06月28日 00:03
全然問題ないですよ。

あ、そうそう。エルサルバドルですけど1点目がFK、
2点目がPK、3点目が味方に当たりコースが変わっての
得点と、それほど1次予選のゴールラッシュの影響は
なかったかな(笑)。

あのミラクルはもう会場の異様な雰囲気が強烈に後押しした
ことは間違いありませんが、それでも敗色濃厚なムードから
その状態を作リ出したのはキンタニーヤの見事なFKからでした。
no name  2008年07月01日 00:52
>no nameさん
事後承諾の形で勝手なことをしましたが、快諾ありがとうございます。

エルサルバドル、一次予選の効果はなかったですか。
まあスタジアムの後押しがあったとはいえ、
パナマ、それではやはりあまり負けた言い訳はできそうにないですね……。
 2008年07月01日 10:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。