2006年06月04日

対ゲッティンゲン大学親善試合


 メキシコ代表、キャンプ地のゲッティンゲンに昨日到着して、歓迎を受けた様子です。
 で、その地元大学と、これが本当の「親善」試合?

 真面目には見ませんでしたが、片目で観戦。

 アマチュアチームと対戦ってことで、露骨に第二軍メンバー。攻撃の練習にはなったけどな〜。
 さすがにこのレベルの相手だと、パス回しも余裕余裕で遊んでいるとしか見えない。それでもときどきガガッと押されてボール奪われたりもしてましたが。
 メンバーはGKコロナにメンデス、マサ・ロドリゲス、スアレス、ピネダ、グアルダード、中盤シーニャ、パルド、アレジャーノとトップにギジェとブラボかな。
 前半はブラボのシュート練習という感じで、しかし入ったのはようやく22分の何本目のシュート? ギジェも少し下で頑張っているが、後半も通してこの人はなぜかファウルかけられやすいキャラクターのような気が。

 後半はグアルダードに代わってラモン、パルドに代わってトラド、ブラボに代わってキキン・フォンセカが入って、ラモンが2分でフリーキックを直接決めて2−0に。それからあとはほとんど見てなかったけど、けっこうバーだのポストだのにぶち当てて、楽しいお祭り試合ではあった様子。
 オチョアは出してもらえないのかなと思っていたら、後半14分でまた3人交代、GKオチョアと、アレジャーノとシーニャに代わってペレスとチキス・ガルシアが入り、25分には度重なるファウルに疲れた様子のギジェに代わってカストロが入った。
 そして後半43分だかにキキンが綺麗なループシュートで決めて3−0.

 オランダでは欧州組3人とパルドだけが半袖で、それ以外全員長袖だったので笑ったけど、今日はみんな半袖だったので、寒さにも慣れてきたのか、ゲッティンゲンはそれほど寒くなかったのか。
 なんかレポ書くほどの試合でもなかったですが、一応。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。