2006年06月24日

W杯 第3ラウンドGH組


 はぁ〜、一次リーグ終わっちゃいましたね。長かったような短かったような。これで半分がおうちに帰るわけです。明日からはもう着々と半分ずつになっていくわけです。まあどこが決勝まで残るとしても、緊迫感のある面白い試合がたっくさん見られるといいなぁ〜〜。

 リーグ最終日の今日はG組とH組、どちらもわりかし地味な国ばっかりが入っているグループです。
 まずはH組、スペインはすでに二勝上げて、トーナメント進出は決まってます。それに対するサウジアラビアは勝てば、もうひとつのウクライナ対チュニジアの試合結果次第で可能性がないでもない、という状態。
 で、実はテレビつけた状態でほとんど見てなかったもんで。簡単に。

● サウジアラビア対スペイン(0−1)矢印緑

 なんか、スペイン選手の靴が脱げてたり、今日はスペインゴールを守ったカニサレスが受け止めたボールを抱っこして優雅にゴールラインに横たわってたりしましたが。
 とにかくスペインが一点あげて、サウジを下しました〜。スペイン、今日はメンバー落としてたような気がするけど、三戦三勝、調子いいですなあ〜〜。

● ウクライナ対チュニジア(1−0)矢印緑

 こちらもどんな試合だったのか、ちょっと見ただけですが、前半終了間際にチュニジア選手が二枚目イエローで退場。後半でウクライナがPK獲得、それを決めて、守り通した。でもチュニジアも、後半ひとり少なくて頑張って反撃してたけどねえ。

 これで順調にスペインとウクライナがそれぞれ一位二位で通過。

 G組は不調が気になるフランスがどうするかってのが最大の問題! もう一方のスイス対韓国も気になるけどさぁ。

● トーゴ対フランス(0−2)矢印緑

 トレゼゲの50回のシュートとアンリの20回のシュート、それに両者その他合わせて100回のオフサイドの末に、ようやくようやく決まったゴールは後半10分。トレゼゲでもアンリでもなく、キャプテンで今日お誕生日らしいビエイラのシュートでした。おめでとう〜〜。
 それが呼び水になってか、さらにアンリも数々のオフサイドを潜り抜けて追加ゴール。
 なんだぁ、心配することなかったね〜〜。いやいや、フランスおめでとう、トーゴは残念だったね。

● スイス対韓国(2−0)矢印緑

 こちらも気になりながら、途中経過を見るとスイスが先制。でも韓国ってど根性で逆転するからなあ、まだ油断はできないぞ、と思ってたんだが、終わってから見たらスイスが追加ゴールで勝ってました。
 韓国はあまり好きなスタイルではないんだけど、唯一残れそうなアジア勢だったので、その意味ではやや残念。

 最終組の組み合わせはこれで、なんと、スペイン対フランスという、どっち応援したもんかなあ?と困った試合になりました。
 もうひとつはスイス対ウクライナ。
 これで全部出揃いましたね〜。明日はもうさっそくドイツとメキシコ、ああ〜〜終わってしまう〜〜、亀的山場がぁ〜〜、というところですが、まあしょうがないですな。
 うあああ、明日……こあいよ〜。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。