2006年06月25日

W杯 準々々決勝第一日


● ドイツ対スウェーデン(2−0)矢印緑

うーむ、こんな一方的な試合はあんまり好きくない……。
スウェーデン、どうしちゃったんだ。おまけにレッド出すわ、PKは外すわ、まるでこないだのメキシコのような展開。まあPK与えなかっただけマシですか。
しかしMOMはクローゼ? よくわからん、私的MOMはスウェーデンのGKですがな。2点取られちゃったとしても。
バラックはど〜〜〜〜してもゴールしたかった様子だけど、あれだけすごいシュートをバンバン放っても、スウェーデンGKが全部止めちゃったもんな。バラック、これがミュンヘン最後の試合になるのかな。

さて、次の試合はうちで見るより、人の集まるところに行こうかと思っていたんだが、ドイツ戦後半途中でダンナが、昨日の晩友人に出会って、彼とその息子が見にくるかもしれないとのこと。
おいおいおい、だったら掃除もしなきゃ(今ワンコが抜け毛の最終段階と生理の初期段階で、家の中は毛だらけの血だらけ)、
飲み物だって出せるようなもの、何にもないし、座るところだって半分私のパソに占領されてるし〜……。
もうちょい早く言ってくれんもんかな〜、メヒコ人め。

というわけで、どうなるのか知りませんが、とにかく掃除にかかりま〜す。
あとで次の試合の感想書き足します。
しかし……またもやメキシコを敗退させたチームをドイツチームが破ってくれる、なんて展開になるかもしれない? 今回のドイツチームは本当に何だかな〜、いまいち見るだけで萎える顔がふたつばかりあってねえ……。
まあまだ結果はわかりません、試合が終わってみないとね!

● アルゼンチン対メキシコ(2−1)矢印緑

もうね、言うことありません。
よくやりました、よく頑張った。
アルゼンチンは責任取ってきっちり優勝してください。
それともドイツにリベンジされてもいいですよ、4年前みたいに。
どちらでもいいです。
メキシコは、コンフェデのときからほとんど成長はしてなかったけど、
でもコンフェデのときと同じくらいのレベルは未だに保持しているところ、ちゃんと見せてくれました。
それで充分。
ベスト16の壁は破れなかったけど、その楽しみはまた4年後8年後に伸ばしてもらったってことで。

うちにはお客様を三人迎えて、5人で観戦しました。
メキシコにチャンスが来ると、その全員が「そこだ! 行け! 行け行け行け〜〜〜え! ああ〜〜、ダメだああああ!」と叫びまくるので、
ワンコが「ふい〜〜ん、何だかわからないけどみんなが怒ってるよう〜〜」と、私の足元の机の下へ潜り込んで、笑いを誘っておりました。

審判についてとか、怪我人で交代枠使っちゃったこととか、いろいろ言いたいことはありますが、
今はとにかく、よくやった、よく頑張った、とだけ。

このときのスタメンを写真入りで別ブログに紹介矢印青






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。