2006年06月26日

W杯 準々々決勝第二日


 昨日の試合のあとでは、そうそう面白いと思える試合なんてないんじゃないかな、と思いながら二試合見ましたが、いやはや別の意味ですごい試合でしたね〜?

● イングランド対エクアドル(1−0)矢印緑

 一応エクアドル応援。ラテンだし。リーグ最初の二戦ではすごくいいプレイしてたけど、まあ相手がしょぼかったからな。本当に強い相手とぶつかったらどうなるかわからん、と思っていたら、リーグ第三戦のドイツ戦ではメンバー半分落としてきて、ドイツに勝利を献上。気前がいいったら。
 で、今日はもちろんフルメンバー復活で本気態勢。しかしやっぱりというか何というか、イングランドにボール支配される序盤、ファウル連発。大丈夫か。
 と思っていたらイングランドもけっこうファウル出し始めて、エクアドルはときおり目の覚めるように鮮やかな連携プレイを見せてくれる。
 それでも双方ゴールがないままに後半、ベッカムのフリーキック直接。エクアドルGK、飛ぶときちょっとためらわなかった? 指先には触れていたようなのに、惜しかった。
 にしてもベッカムめ、芸能人のくせして(え、違うの?)フリーキックだけはうまいな。
 まあエクアドルも本当は守備硬いので、その後イングランドは追加ゴール取れず。しかしエクアドルもゴールできないまま終わってしまった。
 まあ難しいかもとは思ってたけど、やっぱりかぁ。エクアドル、残念です。

● ポルトガル対オランダ(1−0)矢印緑

 なんちゅう泥試合ですか。W杯とは思えんモラルの低さ。でもこれは審判のせいだなあ。第4審判で脇から見ていたドラキュラ、まあレッドがいっぱい出て(全部で4枚!)さそかしお腹はいっぱいになった……じゃなくて、やっぱりあれはもどかしかったかもね。
 カードを出すのは別にいいんだが、その基準が曖昧で揺れると選手が荒れる。喧嘩騒ぎ多発だよもう〜。
 まあポルトガルの最初のレッドはしょうがないでしょう。あまりにもあからさまなハンドだったし、すでにその前に一度二枚目イエローを見逃してもらったことを、本人、知らなかったわけではあるまい?
 しかしそれで人数で優位に立ってゴールで負けてるオランダが後半に入って押しまくり始めると、そりゃあポルトガルも必死になるわな。で、フィーゴのやや演技の入ったっぽいファウルでオランダ選手が二枚目イエロー。このときすでに喧嘩騒ぎ。
 で、今度はデコがわざとだろ、としか思えない滑り込みでファウル、イエロー。これはわかる。しかしそれからまたしばらくして、デコがちょっとボールを渡すまいとしたらオランダ選手がデコを押し倒した。それでなんでデコに二枚目イエローが出るんだか? ハイ、サヨウナラ。
 もうレッドが三枚で、なんちゅう試合だよ、と思っていたら(いやそれでも必死のオランダがバンバン攻撃かけたりして、その意味でも面白かったことは面白かったんだが)、ロスタイムがなんと6分! まあそりゃさ、喧嘩がいっぱいあったけどさ。
 そのロスタイム中に、またまたオランダ選手にレッドです。で、控え室に戻らなくていいのかな? デコと仲良くそこらに腰掛けてる、と思ったら、ファン・ブロンクホルストってバルサの選手でデコの同僚なのか〜。二人して主審の悪口言ってたのかもね?
 ロスタイムが6分30秒を過ぎても試合を止めない審判、何が何でも延長戦に持ち込む気か!? 4人レッドの試合を!?
 と疑ってたけど、まあ7分になる直前に終了の笛でしたね〜。
 うあ〜、ストレス溜まる試合だったよ。世界のDFは、ファウルをかけずに相手からボールを奪うことを至上の目的としてほしい、オソリオやおサルを見習って、と思ったことでした。






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。