2006年06月29日

コンフェデと稲本と移籍


って三題噺ですかってぇの。
でも日記に書くことないと寂しいなあ。
そんなこと言いつつメキシコブログはどうしようと迷って逃避。

今日は、日本から送ってもらったスカパーのコンフェデ杯DVDで日本対メキシコを見ました。
W杯をやっていてもちらっとしか見ないダンナも、メキシコだと見るんですね。解説日本語だからわかんないだろうけど。

で、一年前のメキシコ代表を見ていて感じたこと。
オソリオ、ひよひよだぁ〜〜〜。
ぶつかられてヨロヨロするし、ファウルかけちゃったりするし、頑張ってますが頼りないです、って感じ。
それが怪我をして思い通りにプレイできない時期もあったというのに、一年経ったら体格は変わってないけど、何だかしっかりとバランスよくなって、せっせせっせと走り回っても平気。すごいなあ。
オソリオにはブレーメンからオファが来ているそうです。

オスワルドとサルシードにはW杯前からオファがあるという話がありましたが、
オスワルドはスペインと交渉中、
サルシードはイギリス(たぶんチェルシー?)とスペインからオファを受けていて、来週辺り決まるとか。
他に、19歳のグアルダードもアルゼンチン戦での活躍を認められたらしくて、イタリアのインテル、ウディネーゼとフィオレンティーナから打診が来ている様子。
さらにはキキンとシーニャも色目使われてるらしいです。

シーニャ、まあ今回のW杯ではイラン戦でいいとこ見せたけど、怪我もあって不調は否めない、と思うんだけど。
コンフェデの日本戦ではすっごいシュートで決めてるねえ。このころは絶好調だったよね。ラボルペもだから、シーニャを機軸にチームを作る構想だったらしい。
まあそれでも才能あることは間違いないでしょうから、どこかに買ってもらえるといいね。チビだけど(メヒコの中でもさらにチビだよね)、他のみんなとともに、それでもちゃんと通用するところを見せてほしいな。

ところで、日本の選手ってなかなか覚えられないんですが、コンフェデ戦を見ていて、「うっわあ、この子中学生ですか?」と思ったことあったのを思い出しました。
見てると、稲本という選手。
うーん、しかしこの顔、どこかで馴染みがあるぞ……どこだっけなあ……。あ、興福寺の国宝館にこんな顔のがいなかったっけ?
とカタログを取り出して眺めてみたら、これですね。阿修羅を筆頭とする八部衆のひとり、沙羯羅(サカラ)。

inamoto.jpg inamoto2.jpg

似てません?






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。