2006年07月02日

W杯 準々決勝第二日


 いやあ、今日は思いがけず予測のつかない結果ばかりで、それなりに楽しめました!

●イングランド対ポルトガル(0−0、PK3−1)矢印緑

 力関係では、デコとか使えないポルトガルのほうが不利だろうと思ってたんだけど、後半に入ってイングランドの予定が狂ったかな? ベッカムの負傷交代(自分からぶつかっていったんだから、まあしょうがないですが)と、ルーニーのレッド。
 ルーニーってねえ、聞いてはいたけどホント汚ないプレイが多いな、と思ってた。でも審判、カードは極力出さないことにしたのか、あげくの一発レッドだからねえ。もしかしたらあらかじめイエロー出しておくほうが親切だったのかもしれない。まあそれで気をつけるような殊勝なタマかどうかは知らないけどね、ルーニー。
 しかしそれで10人になっても持ちこたえたイングランドは偉かった。
 ポルトガル13番のミゲルっての、DFとしてはいいプレイヤーだなと思ってたけど、もしかしてこれ、DFじゃなくてMFですか? そう思うとやや減点してしまうから不思議。クロスあげるのでも、DFがやってると頑張って走ってるなと思うし、MFだったらやって当然で外すなよ、と思ってしまう(笑。
 しかしね、ひとり減ってからのイングランドでは、それまでもよかったけどテリーがよく頑張ってた。リオもしっかりプレイしてたしね。うんうん、イングランドの守備陣よくやってましたよ。
 そんでもってスコアレスのまま延長戦〜。
 今大会ですでに何度目の延長戦か忘れたけどさぁ、どうせ点入らんじゃんよ。延長するのやめて直接PK戦にしたらどうかねえ?
 などと乱暴なことを考えつつ(実はメキシコが唯一、延長時間に入れられたのは都合よく忘れている)、しかしこれまたなんつぅPK戦ですかね。いやもう盛り上がりましたね。
 ポルトガルのGKも偉かったし、その状態できっちり決める若造ロナウドもスゴイ度胸だよ。
 でもイングランドみんな泣いてたな〜。ベッカムがみんなを慰めて回ってるの見て、ちょっと見直しました。しかしPK戦ってまあ不条理だよね。ここで負けたらそれまでの120分がパァだもんな〜。
 と、このあと続けて見た次の試合ではこれまたサッカーにおけるワンゴールの黄金の重みを感じてしまったのでした。

● ブラジル対フランス(0−1)矢印緑

 いやあスイマセン、前半半分寝てました。
 でもブラジルが全然いつものプレイができてない感じ。フランスすごいぞ、互角以上にやってるじゃないか。
 そしてアンリのゴール。嘘みたい。なんでノーマークにしてるかね? その大ポカだけでもうブラジルはその怠慢の罪の償いとして敗北して当然、ってくらいとんでもないミスでしたな〜。そしてそこできっちり決めるアンリも偉い。あのシュート、すごい音がしてたよね〜。
 それでもさらにアドリアーノ、シシーニョ、ロビーニョと次々切り札を送り込めるブラジルもすごいけど、今日は誰もまるで役立たず。ロナウジーニョすら封じ込められちゃって、ロナウドはもうあからさまにイライラしてるしさ〜。
 それでも最後の一秒まで、同点ゴール決められて延長戦にもつれこむんじゃないかとハラハラしながら見てましたが、奇蹟は起こらず。
 でもブラジル選手たちの反応、イングランドとは対照的だったな。まあ10人で必死こいて頑張ったあげくPKで負けたのと、対等に頑張って力及ばず負けたのとでは、後者のほうが諦めがつくのかもしれないな。
 もう何しろゴール無しの試合を120分+60分弱、そしてやっとのゴールでしかも決勝ゴールだったから、その重み、サッカーという競技のゴールのありがたさをイヤってほど再認識させてくれた試合でした。

 ということで、準決勝はフランス対ポルトガル、ドイツ対イタリアと、欧州勢ばっかりになっちゃったよ。しかも三つがラテン系だったりして? 
 でもまあここまで来ればあと二試合は確実にやるわけで、立派なもんです。
 こういう試合見てると、やっぱりメキシコには技術はたっぷりあっても根性が足りないなあ、とつくづく思ってしまいました。世界レベルは高いぜ〜〜。






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。