2006年07月21日

リベルタ杯 ベレス対チバス


 W杯はさんで再開のリベルタ杯、他の三戦はもう終わって、ブラジルのインテルナシオナルとサンパウロ、パラグアイのリベルタードが準決勝進出を決めてます。
 残ったチバス対ベレス・サルスフィールド(アルゼンチン)は、W杯前にグアダラハラでメキシコ代表選手を引き抜かれたチバスがどうにか0−0を保っての、今日のアウェイ戦。どちらかが勝てば勝ったほうが、スコアレスドローになればPK戦、それ以上の引き分けならアウェイゴールの重みでチバスが勝ち抜け、という状況。

 で、チバスは南半球、冬のアルゼンチンに来て凍えてます。ボフォなんか長袖じゃ足りなくて手袋までしてます。毛糸の帽子も被らないと、寒いよ〜?
http://www.mediotiempo.com/galeria.php?id_galeria=566&foto=4
 チバスは新しいユニ、今までのまっすぐな縦縞はやめて、何だかふにゃりと溶けたような赤線。しかも前のデザインが背番号が見えにくいからと不評だったのを受けてか、ヤケクソのようにでかくて太い背番号。うんうん、これならにじんだ水彩画のような画面でも……関係なかったりして。
http://www.mediotiempo.com/galeria.php?id_galeria=566
 そもそもベレスのホームスタジアムは試合始まる前から煙で真っ白で、ろくに見えないのだ。
http://www.mediotiempo.com/galeria.php?id_galeria=566&foto=5
 オスワルドは、まだ欧州へ売り飛ばしてもらえなかったかわいそうなオスワルドは……、新しいピンクのユニがけっこう似合ってるじゃないですか。でもミチェル見たいから、早く移籍してね?
 さて、アナウンサーと解説者はどこか南米の人。マサのことをフランシスコ・ロドリゲスと呼びます。誰よそれ?と一瞬考え込んでしまいます。チバスはリベルタ杯のためにフアン・パブロ・ロドリゲスを借りているので、よけいややこしい。関係ないけど、試合の最中に解説者が「ふがー! ふがー!」と叫んでました。どしたのかな?と首を傾げたんですが、これ、南米のどこかの方言で、「Juega!(プレイせよ!)」を「Jugá!」っていうふうに活用するんですよね。ちょうどchamoyさんのブログで、「外国人には語感が笑える言葉」って話が出てましたが、これなんかもそのひとつだなあ、と。

 前置きはこのくらいにして、試合始まってみると、チバス悪くないです。サルシードの代わりに入ったマガヨンは今までもリーグに出てましたが、今日はそこそこしっかり守備してるし、マサ、レイノーソとの連携も綻びなし。モラーレス、ブラボ、ピネダのドイツ帰りも元気だし。ボフォも張り切ってるのか、いいプレイしてる。
 それでもベレスの守備はGKセッサを最後の砦に、ブスタマンテなんかが頑張っているのでなかなか崩せない……と思っていたら、そのブスタマンテがなんとエリア内ハンド取られちゃいました。目の前のシュートだったから厳しいかなあと思ったけど、ビデオ見るときっぱり腕を横振りしてボールをすくい出しているので、言い訳の余地なし。で、ぷぷぷ、PK蹴るのはブラボじゃなくてモラーレスですか。ブラボはまだW杯の心の傷が癒えてないのかも? で、モラーレスは外さず決めて、貴重な一点を。
 それからベレスの猛反撃が続くも、そのまま前半終了。解説者はえらくチバスをベタ誉め。うん、後半で崩れないといいけどね……。

 後半はやはり、チバスはややパフォーマンスを落とし、しかし攻撃はさっきより精度上がってるかなあ? ベレスも負けずにカウンターかけたりしてるが、うまく行かない。ストライカーのサラテが苛立ってます。その頭をなでなでするマサは、なだめてるのか煽ってるのか、どっちだ!?
 ところが65分、右サイドの要のディエゴ・マルティネスが二枚目イエローをもらってしまう。一枚目は前半終了少し前にもらっていて、しかしカメラには何も映らなくて理由不明だった。どうやら審判に文句垂れたのが原因だったらしい。で、今度はうっかり後ろから蹴り入れてしまってはい退場。うあ〜。
 しかし73分、ボフォがすごいチャンス、GKに止められてしまうが、そこから得たコーナーキックを今度はシュートでばっちり決めた! 0−2になってはベレスはかなり絶望的。観客の中には帰る人もちらほら。
 それでも根性でぶっ放したバタリャのミドルシュートがゴールの隅へ。オスワルド、動く間もなし。1−2となる。
 ロスタイムはなんと5分。ベレスはそりゃもうドイツを倒したイタリアの再現を狙って、あと2ゴールだよ! ガンガン攻め立てたが、10人のチバスは持ちこたえて終了。

 チバスってリベルタ杯に相性いいのかねえ? これで準決勝に進出、対戦相手はブラジルのサンパウロ。手ごわいなあ。しかもディエゴ使えないしね。そう言えば一年前も似たようなパターンだっけ。で、ブラジルのパラナエンセに負けたんだった……。
 とにかくこれで、八強に3チーム残っていたアルゼンチンが全滅してしまいました。珍しいこともあるもんだ。でもいっつもブラジルとアルゼンチンばっかりの南米大会より、毛色の変わったのが入ってるほうが面白いよね。

 うおお、久し振りのレポだからか、意外とリキ入れて書いちゃいました。でも期待してなかった割にはいい試合でしたよ〜ん。






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。