2006年08月04日

リベルタ杯 サンパウロ対チバスにて終了


 リベルタ杯準決勝第二戦は、ブラジルでサンパウロ対チバスでした。惨敗。
 これでメキシコのリベルタ杯はすべて終了〜。まあねえ、ホームで負けてるんだから無理っぽいなとは思ってたけど、サルシード抜けただけでボロボロですか? 

 まあ試合開始のころから向かいの家の上空が真っ黒になってきて、バラバラッと雨が降り出し、雷ゴロゴロ。あっら〜ヤバいかも、と思ったけど、一応試合は続いてるし。
 チバス微妙に押されてるよなあ、これじゃあ決められるの、時間の問題かもな、と冷た〜く見ていた10分過ぎ。とうとう画面がバリバリっと割れて、ふっと消える。はいサヨウナラ。

 うーん、しばらくそれでもカチカチといろいろやってみたけど、ダメだね。そうそう、もう半年近くも放置していたテレビカバーの裾を縫おう! なんてえ、普段の私ではとうてい思いつかない殊勝なことを思い立ち、買って来たまんまの布の裾を切りそろえてアイロンで型をつけて、ちくちくちくちく。これって何縫いって言うんだっけねえ、裁縫なんて、ボタン付けすら長いことしてないよなあ。

 なんてことをしてるうちにパッとテレビが戻る。しかしすでに前半40分を過ぎていて、2−0ですかさうですか。
 ハーフタイムでハイライトを見たけど、まだスコアレスのときにチバスが得たPKをラモン・モラーレスが蹴ったんだけど、セニに止められちゃった。そこでもう一気に流れがサンパウロに傾いたようなことをアナウンサーは言ってました。

 さて、後半も手はちくちくちくちくと縫い物。でも試合再開してまたすぐにゴールかよ〜〜〜。なんかね、もういいです、って気分でひたすらちくちくちくちく。
 ふーん、メディーナが頑張ってますか、ちくちくちくちく。
 なになに、レイノーソが一発レッドだって? そのファウルシーンだけは手を止めてちゃんと見ましたけど、後ろから飛び上がって、相手の背中に膝蹴り食わしたらそりゃあな。はいサヨウナラ。で、またちくちくちくちく。

 試合終了とほぼ同時に縫い終わりました。やた〜、一仕事(?)片付いたぞ! サンパウロも3−0、総合4−0で決勝進出おめでとう〜。
 チバスは一年前と同じパターンね。準決勝でブラジルチームに惨敗してさようなら。でもあのときは代表選手が最後の試合直前までいなかったって言い訳があったけど、今回はな〜。
 ということで、今んとこリベルタ杯でメキシコとして最高の成績を残しているのは、決勝でボカにPK戦負けしたクルスアスルだと、アナウンサーがしきりに言っておりました。

 さて、今夜はティグレスが墓穴をさらに深ぁぁぁく掘るのか!? バルセロナとの親善試合です。バルサは、ラファがいるからちょっと手加減……してくれないかな?






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。