2008年04月03日

リベルタ杯 アメリカ対リーベルプレート


どん底のアメリカ、もうどうとでもなれ!?
なリベルタ杯、リーベルプレート戦です。

主審はウルグアイ人、ロベルト・シルヴェーラ。

リーベルのスタメンには、ロコ・アブレウと、
クリスティアン・ナスティがいます。
ナスティなんて、懐かしいな。

さて、どうなるかと思わせた前半から、
打って変わった後半、とんでもない試合になりました。
わずか12分間に5本のゴール、全部ヘディング(笑。
最終的には4−3でアメリカが勝ちました。
嘘みたいーー。


これで、第5節、
アメリカ、リーベルともに勝ち点は9、得失点差は2。
この場合、得点が次に来るんだっけな?
だとしたら、アメリカが一位です。
リーグは最下位でも、リベルタ杯は守りきる希望が出てきました。

ええええい、アメリカ、応援してやってんだから(恩着せ)
しっかり勝てよぅ!!

試合データはこちら矢印緑

追記ですが、試合中にもテレビで言ってましたが、
セルヴァンテスのアメリカ3点目のゴール、
リベルタ杯始まって通算11000本目だそうです矢印緑
その前のオウンゴールじゃなくてよかった!?






この記事へのコメント
アメリカの1点目、私オフサイドだと思ったんだけれど、
オンサイドだったんでしょうか?
すぐ後に2点目入っちゃったんで、
リプレイなんかどうでも良くなっちゃったみたいでしたが。

それにしてもトンデモな試合でしたね〜。
どっちもすごい、って言っていいのか、お互い守備がザルよね、って言ったらいいのか(笑

スタジアムの熱気がテレビの前まで伝わってきて、おもしろい試合ではありました。

それにしてもオチョアはちょっと安定してなかったですよね。
どうしちゃったんだろ。
守備ラインが安定してくれば、立ち直れるのかな、アメリカ?
monjablanca  2008年04月04日 04:54
>monjablancaさん
とんでもない試合でしたよね〜〜。
まったく、どっちもどっちです(笑。

リーベルの一点目はオフサイドだったけど、アメリカの一点目? 
そのあとの猛烈ゴールラッシュでそれどころじゃなかったしな、
と、幸い録画してあったので、見直してみました。
最初決めたシーンでは、どうだかよくわからないけど、
オフサイドっぽいなあ確かに、と思って、
リプレイをじっくり遅送りで見たら、大丈夫でした。
せっかくなので、デジカメで撮ったのアップしておきます。
https://futbolmexicano.up.seesaa.net/image/P1000768kl.JPG
画面汚ないのは、ポーズで止めてるからです、ご容赦。
でもかろうじてボールは見えるかな。

オチョア、五輪予選以来、なんかダメですよねえ。
何かといい気になっちゃってたのにあの結果でガクッと来てるのかなあ。
まだ若いのにあんまり過大評価されちゃうとロクなことにならないので、
まあここらでちょっと性根を入れ替えて、頑張りなおしてほしいですね。
昨日の後半の感じだと、攻撃はまあ何とかなりそうだったし、
守備が安定してくれれば、また憎らしい(笑)アメリカが戻ってくれるかな……。
 2008年04月04日 06:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。