2008年03月31日

アメリカの会長が辞任を発表


ティグレスよりも深刻そうなアメリカ、
どうなるのかと思っていたら、ギイェルモ・カニェード会長が
6月1日付けで辞任を発表したようです矢印緑

この3年、会長をやってきて、
優勝も体験したけど、この最悪の状態も経験してしまったのね〜。
怪我人が増えて、他の選手に負担がかかって、
さらに怪我人が増える、ラフプレイが増えて出場停止者が増える、
勝てないので選手たちがピリピリして喧嘩騒ぎでさらに出場停止、
と、もう永遠の悪循環?

そもそもアメリカは、強くて当然、みたいな空気もあるから、
よけいに負けたときの精神的プレッシャーがある、
というのはかつての快進撃が途切れたころにも、見ていて思いました。
調子よければ何も考えずにランランと勝つけど、
負け始めると、どうしたらいいかわからないところがあるよな、と。
今はそれが大裏目に出ているような。

ともかく、会長はクラブ内の大改造も示唆しているようです。

会長が辞任するの、ネカクサやティグレスに続いてだけど、
アメリカの場合、会長が辞めてよくなるのかどうかは疑問。
まだクラブオーナーが辞表を受け取るかどうかはわからないようだけど。
でもやっぱり何とかしてほしいです、アメリカのこの事態。

 け〜〜っ、憎たらしいわねアメリカッ!ちっ(怒った顔)

って罵れないのは、すごく寂しい(笑。





この記事へのコメント
http://www.mediotiempo.com/noticia.php?id_noticia=54803
ロマーノ監督が、カニェード会長が辞任するなら、
自分も一緒に辞めると言ってます。
自分を監督の座に戻してくれたのはカニェードだから、と。
まあ、まだオーナーが会長の辞表を受け取るかどうかはわからないわけですが。
追記  2008年04月01日 10:25
こんなときに、IFFHSのクラブランキング。
アメリカは、やっぱりメキシコ最強!?のクラブで、
世界21位だそうです。
http://www.mediotiempo.com/noticia.php?id_noticia=54862

やっぱりこういうのって計算方法に問題アリだよなあ、
そもそも違うリーグに所属するクラブ同士を比べようってところが
無理といえば無理なんだろうけど……。
追記  2008年04月02日 07:56
ロマーノが会長と一緒に辞任するというのは、嘘だそうです。
http://www.mediotiempo.com/noticia.php?id_noticia=54878
なんだよ〜、もしかしてエイプリルフールだったんかい?
でもロマーノは真剣に怒ってるらしいので、そうでもないか。
追記  2008年04月02日 14:13
http://www.oem.com.mx/esto/notas/n670446.htm

クラブオーナーのエミリオ・アスカラガが、カニェード会長の辞表を受理したらしいです。
で、代わりの会長はミチェル・バウアーとやら。
シーズン終了後にはチームの大改造も行う予定。
追記  2008年04月22日 02:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。