2007年12月17日

クラブW杯決勝 ボカ対ミラン


実は、朝起きてテレビをつけたのが6時半で、
ちょうどカカーが表彰されているシーンでした。
ああっ、見てはいけない!とか思いつつ(笑
ああ、やっぱりミランが勝っちゃったか、とわかってしまいました。
ボカの選手たち、しけた面してんじゃないよ、もう。

それにまあ、浦和対エトワールのスタメンをコピペするために、
FIFAのサイトに行ったらスコアもどうしても目に入ります。
てことで、これはリアルタイムのつもりで、は無理でした。
2−4て!!
ボカ、情けねぇ〜〜!
しかしまあ主審がドラキュラでもあることだし、
(決勝進出できるメキシコ人って審判だけだなあ……)
まあ見ますか。

というわけで、感想程度ですが。

ミランのが一枚うわてでしたな〜。
ボカはどうしたんだか。
ま、ミラン、おめでとう〜〜。






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。