2007年12月12日

クラブW杯準決勝 ボカ対エトワール


さて、一応起きましたが、
どっち応援しようか、実に微妙なところ。
普段ならラテンアメリカのよしみでボカなんですが、
ユニもティグレスと似てるしな(笑、
と思ってたら、今日はまたなんか違うユニ? おニュー?
それとも今シーズンはこんなんだっけ?

でもこちらでも、ボカが圧倒的有利と言われてます。
単なる腹いせ、憂さ晴らしですか?

あ、ボカのGKカランタなんだ。
うーん、迷うなあ(この期に及んで)。
気温は10度! 湿気は56%、なかなかステキにイヤな感じ(笑。
主審はデンマーク人、線審も。
第四審判だけ日本人。

というわけで、どっちを応援するでもなく見てました。
結果は1−0でボカの勝利、
もっと点差がつきそうな、というか知名度?期待度?は10−0くらい?
でもまあボカがひとり退場になって、その後だいぶ互角な感じ、
で、粘り勝ち。
パラシオがMOMですか? ちょっと意外。
エトワールは残念でした。
でも泣いてる暇はないぞ、三位決定戦がまだあるんだから。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。