2007年12月10日

クラブW杯 セパハン対浦和


もう浦和しか期待かけるところがないので、
朝の4時過ぎに起きました。

審判は……え、どこの人?
というのを探り出すのに時間かかった……。
ベナンの人だそうです。
線審はルワンダとコートジボワール、そしてデンマーク。
面白い組み合わせだ〜。

浦和の応援すごいですね。
日本語ののぼりとか垂れ幕とかつい必死で読んでしまいます。

ちなみに、こちらのテレビ局、
この時間の放送、「ワイタケレ対浦和」になってました……。

思ったより、浦和が圧倒した試合でしたね〜。
でも、なんかそれぞれの特徴を教えてもらったおかげか、
個性的な選手が多いおかげか、
浦和の選手は割りとすんなり覚えたような気がします。

MOMは相馬になってましたか。
まあみんな頑張ってたと思うけど。
次の対戦はミラン、手ごわいと思うけど頑張ってください。

ちょっと事情で、レポアップが遅くなりました〜。







この記事へのコメント
朝早くからご苦労様でした。

日本人の名前は難しいですか、名字でこうだから名前読ましたら凄いことになりそうですね。

浦和は体のキレが戻っていたのが勝てた要因ですかね。一週間前からだと考えられないくらい。

永井はこういう決勝とかの大事な試合でよく得点するんですよね。でも普段のプレー内容とかは……そこらへんがカチョに似てるかなと。
アッキー  2007年12月11日 12:29
>アッキーさん
お待たせしました(かな?)。
私はアッキーさんの虎の巻(横に置いて観戦しました)のおかげで
ずいぶん楽に浦和選手たち把握できました。
それに浦和の選手たちは名前も個性的ですね。
アナウンサーにはどっちにしても難しかったようですが。
これで田中がふたりに中田、山田、山中、なんて名前がいっぱいいたりしたら……(笑。
最後のほうはススキとツツキで聞き分けられるようになってましたが(笑。

浦和、おっしゃったようにメキシコサッカーに慣れてしまった目にも
ほとんど違和感ありませんでした。
そうか、かなり調子を取り戻していたんですね?
試合後のインタビューをネットで読みましたが、選手たちの感想もそんな感じでしたし。
パチューカもそうなってくれることを期待してたんですけどねえ……(溜息。
でもとにかく浦和、あと二試合を全力で頑張ってほしいです。

永井、ちゃんと決めてるよ〜?とちょっと不思議だったんですが(笑、
なるほど、おいしいところだけ持っていくタイプでしたか。
その前に長谷部が外してたので、よけい目立ちましたね。
次もぜひとも頑張ってもらわなくては、カチョの代わりに!?
ミラン戦も頑張って早起きします。
 2007年12月11日 13:45
見に行ってきました〜。
試合がどうこうというより、とにかく寒かったです(苦笑)
サポの方も多かったんですが、
埼玉から来た人は泊まりだろうなぁと思うと感心してしまいます。
この試合こそ関東の方でやってあげればよかったと思うんですけどね。
そうしたら、もっとスタンドも埋まったと思うんですが・・・。

浦和はアッキーさんの仰るとおりキレがよかったですね。
少しの休みの間にきっちりリフレッシュ出来ていたみたいです。
リーグ終盤になかった運動量や組織プレーも甦ってましたね。
この試合は今期最高なのでは?というくらい、
完璧に近かったんじゃないかなと思います。
失点の場面はお粗末でしたけどね。
逆にセパハンはコンディションがかなり悪かったみたいで・・・。

公式ブックを買ってみたんですが、
パチューカはダミアンとメサ監督のインタビューが載ってました。
今読むとちょっと切なくなりますが(苦笑)
他はユニフォームなのに、なぜかパチューカの選手紹介だけは、
全員スーツ姿の写真だったのがちょっと可笑しかったです。
chiees  2007年12月12日 01:38
>chieesさん
寒かったですか〜〜〜。
お疲れさまでした!
そうそう、この試合、なぜか名古屋だったんですね。
でも、それでもけっこうな浦和の応援でしたよね(笑。
埋まったスタジアム、何度か映ってました。

わずかな休みでリフレッシュできた浦和と、できなかったパチューカ。
そこが、グダグダ振りにも差があるところだったんでしょうね……。
今期最高の試合ですか、それを見られた私も嬉しいです。
どうせならこのまま、次の試合もいいところを見せてほしいですね〜。
セパハンはGKや監督、インフルエンザだったそうですね。
ちょっとかわいそうでしたが、それも勝負のうち?
寒いなかで応援したchieesさんも、インフルエンザにはお気をつけください。

公式ブック、そんなのあるんですね……。
うん、きっと、北米の雄とか何とか、切なくなるようなことがいっぱい書いてあるんだろうなあ……。
私も、作った選手紹介、切ないです(笑。
ぜんっぜん出られなかった選手が、多すぎるよ、ったく。
しかしパチューカ、なぜスーツ姿?(笑
もしかしてそのとき、まだユニが仕上がってなかったとか?
このためのおニューユニだったから……(涙。
 2007年12月12日 11:00
レッズvsミランの試合がメキシコで賭けの対象になっていました。現在、な、なんと、レッズに5倍というメキシコリーグでは見たこともない高いオッズがついています。引き分けでも4倍です。詳しくわかりませんが、これはレッズが相当、分が悪いことを意味しますが、そんなに力差があるのでしょうか?応援投資は引き分けくらいが妥当かも。。。。確かあまりにも力差があるときは確か、分が悪い方のチームに1点のハンデがついた上で土俵に上がりますが、そこまではなかったようです。
CALIENTE&YAK  2007年12月12日 14:12
>CALIENTE&YAKさん
え〜、浦和に5倍ですか?
まあこの大会の本命はボカとミラン、というところは間違いないでしょうが、
それにしてもすごいですね。
昨日だったか一昨日だったか見ていたアルゼンチン局のスポーツ番組で、
なぜだか、ボカが浦和と対戦したら有利かどうか、という議論が延々と続いてました。
なぜ浦和? ミランに勝つと、あのセパハン戦を見て確信でもしたのか!?
不思議でしたが、悪い気はしませんね(笑。

>分が悪い方のチームに1点のハンデがついた上で土俵に
これは、たとえば浦和がうんと分が悪いという場合、
1点差で負けても引き分け、引き分けなら浦和の勝利とみなす、
ということでしょうか?
面白いですね〜。
まあ今回は仮にも大陸王者同士、そこまではやはり失礼になるでしょうけど……。
 2007年12月13日 04:07
亀さん、その通りです。1点差なら同点、引き分けなら、ハンデを持っているチームの勝ち、ハンデを持っていない方は2点差以上で勝つことが条件になります。メキシコのリーグでは、一度、SANTOSが悲惨な時、当時絶好調であったTolucaかPachuca、どちらか忘れましたが、との対戦のときに、SANTOSに+1点がつきました。また、ワールドカップ予選では、各グループでやはり力差があることが多く、+1というのをよく目にしました。もちろん、対ヨーロッパ、南米の強豪国です。
CALIENTE&YAK  2007年12月13日 11:39
>CALIENTE&YAKさん
やはりそういうことですか〜。
サントス、そこまで悲惨でしたっけねえ(苦笑。
W杯とかなら、まあわかりますね、
一点といわず二点三点でもいいくらい?

ところで、サッカー番組の合間にやるCMで、
黒い馬が走るだけのものがあって、その映像に見とれつつも、
何のCMかもちゃんと見てなかったんですが、
昨日だったか、初めてちゃんとアナウンスを聞きました。
apuestosと言ってて、Caliente。
ああああ〜! とやっとCALIENTE&YAKさんのお名前とつながった次第。
YAK のほうも、そういう関係のお名前なんでしょうか。
 2007年12月14日 04:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。