2007年11月30日

リギージャ準決勝1 プーマス対サントス


さて、こちらも予測がつかない組み合わせです。
今シーズン絶好調を通しているサントスと、
何だか訳のわかんない勢いを見せているプーマス。

プーマスのほうは怪我人や出場停止はない様子、
サントスはこないだ頭を打ったロリート・ヒメネスがどうだかわからない。

主審はマウリシオ・モラーレス。

さて、蓋を開けてみたら、
プーマスの圧勝でした、スコアも内容も。
サントス、なす術なし。
3−0です。
サントス、まあまだ不可能ではない、と思うけど、
次の試合、厳しくなりました。






この記事へのコメント
SANTOSいい感じで負けてくれました。このパターンはSANTOSの買いです。今度は3−0で勝たないといけないわけですし、PUMASは別に2点差までならいいわけで、しかもSANTOSのホーム。SANTOSの猛攻をPUMASが凌ぎ、試合に勝って、決勝いけず悲しむパターンと見ました。確かこの前のアメリカがこのようだったと思います。SANTOSの奇跡もここで終止符。
もう一試合は微妙ですが、ATLがいきそうな気もしますが、投資にはちょっと。。。。悩んでいます。
CALIENTE&YAK  2007年12月02日 01:36
>CALIENTE&YAKさん
サントス、いい感じ、ですかぁ(笑。
まあどうなるかは私にはわかりませんが、
ロスタイム3分で3−0から3−3に持ち込んだ試合もあるメキシコですから、
まあサントスにも希望を残してやりたいとは思ってます。
アトランテのほうはもっと微妙ですねえ。
これはどちらに転んでも不思議はないです。
あと数時間、楽しみにしてます。
 2007年12月02日 08:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。