2007年11月25日

リギージャ準々決勝2 アトランテ対クルスアスル


引き続き、カンクーンでの試合、
アトランテ対クルスアスル、
第一戦は1−0でアトランテが勝ってます。
アスルは勝ち抜くためには2ゴール必要です。

が……。
前半でアトランテがゴール決めてしまうと、
アスルには非常に難しい事態に。
さらには後半に入ってチチャロのゴラッソで点差がまた開き、
ヴィリャルスのレッドでさらにさらにアスル窮状に。
このあと、あんまりマジメに見てませんでしたが、
それでもボルゲッティが一点返し(焼け石に水だが)、
アトランテもひとり退場。
2−1で試合は終了、総合3−1でアトランテが勝ち抜きです。
アスル、何だかほとんど機能してませんでしたね……。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。