2007年10月18日

対グアテマラ親善試合【追記】


ロサンゼルスのスタジアム、ひどいピッチだなあ〜〜。
いつもに増して、はげはげでアメフト?のラインがくっきり。
サッカー用ラインは黄色い……。

メキシコ
GK1番オチョア
DF2番マガヨン、3番サルシード、
おサル今日はキャプテンやってます、一番年寄りだからな〜。
4番エスパルサ、5番エクトル・モレーノ。
MF6番アラウホ、8番ピネダ、11番グアルダード、
FW7番ヴィリャルス、10番ジョバンニ、21番ヴェラ。

グアテマラ
GK25番モッタ、
DF6番カブレラ、13番Nマルティネス、
3番メルガール、7番アルビスリス、4番ウィルソン・フローレス、
MF14番Rゴメス、11番アヴィラ、2番ノリエガ、18番キニョーネス、
FW20番ペスカード・ルイス。

主審はアメリカ人のリカルド・サラサール……?
アメリカ人なの?
あとからニュース記事とか見てると、有名らしい、へたくそで。

試合前には"カピ"・ラミレス・ペラレスが表彰されたらしいです。
見なかったけど。

テレビサの解説にはまたウーゴジュニアが入ってます。

さて、こないだのナイジェリア戦でイエロー8枚で
荒れてるなあと書かれてましたが、
そんなんメキシコ的には普通。
でも今日はマジで荒れましたな〜。
レッドが(監督含めて)5枚。
(実はグアテマラトレーナーも退場で6枚だったみたい)
メキシコ、U−23はやっぱりU−23に過ぎないってこと、
肝に銘じてください。
若いの多いと、カッとなるシーンも多くなるしな〜。
おサルは代表初キャプテンで敗北か。ご愁傷さま。
2−3でグアテマラが勝ちました。
割とそのときどきの情勢に見合ったスコアで
終始進んだような気がします。

試合データはこちらリンクアイコン

さらにちょっと追記。
ヴェラとヴィリャルスはA代表初ゴールらしいです。
そうだっけねえ〜。

グアテマラバージョンの試合レポはmonjablancaさんのこの記事リンクアイコンをどうぞ。






この記事へのコメント
私の方からもTB送らせて頂きました。

「親善」のメキシコと「本気」のグアテマラの違いがはっきり出てた試合でしたね。

誰にもケガとかなかったようで良かったですが、
ちょっとひやっとするシーンもあったり。

ごめん、グアルダード。
急所蹴りは見落としてたなぁ。わざとではないと思うけれど。
このプレーでメキシコの選手たち、
かっとなりはじめたのかな、て気はします。
結構カギになるプレーだったかも。

でも、ロコ・ロドリゲスのプレースタイルっていつもあんな感じで、
ぶつかること、ぶつかられることを全然嫌がらないんですよね。
でもって、ボールのないところでのスピードはものすごい。
(ボール持つと、かなり落ちます(笑)
あの勢いでぶつかると、大抵相手の方が壊れます。

ロコ、どの辺りから走り始めたのか知りませんが、
相当スピードに乗って当たってきましたからね。
グアルダードが倒れた時はドキッとしましたが
ホント、なんともなくてよかった・・・。

てか、また記憶がないままプレーしてたとか?
monjablanca  2007年10月19日 00:53
>monjablancaさん
うーむ、TB届いてないみたいですねえ。
時間がかかることもあるのかもしれないけど……。
よかったらまた時間見つけて送りなおしてみてください。
二重になったらこっちで削除しますんで。

いやあ、けっこう熱くなりましたよね〜。
メキシコ&ウーゴも思い上がりを修正してもらえてよかったんでは?
グアルダードのあのシーンは、うははは、
いやもちろんわざとじゃないと思いますよ。
振りきった足がたまたま入っちゃっただけで。
しかも頭やられたわけじゃないので、今回は
記憶なしにってことはないと思うし(笑。

まあちょっと主審がファウルの応酬をうまく捌けなかった印象ではありましたよね。
どっちもラフプレイが多かったし。
しかもファウルの取り方やイエローの出し方が一定じゃなかったような。
それだけが残念と言えば残念です。
 2007年10月19日 11:33
ウーゴのことだからメキシコは4-4-2ですか?
サルシドが左サイドということはエクトル・モレノがセンターバック、
ビジャルスが右サイドでジョバニとベラの2トップになるんですかね。
no name  2007年10月20日 18:12
>no nameさん
ウーゴ、今回はフォーメーションもいじるとか試合前に発言してました。
が、少なくとも立ち上がりは4バックだったようですね。
おっしゃるとおり、右からエスパルサ、マガヨン、モレーノ、サルシード。
後半は交代と退場でぐじゃぐじゃで、誰がどこにいるのかさっぱり、
てな状態でしたけど。
ヴィリャルスとグアルダードがポジション微妙にかぶっていた気もします。
ヴィリャルスのほうがやや内側でしたが。
む? だから右より左にいることのほうが多かったような。
中盤底辺に(たぶん、あんまり見ませんでしたが)アラウホ。
その上にピネダ、右サイドにジョバンニ、
ヴェラのワントップという形じゃなかったかな?
すみません、すでに記憶が薄れてきてます……。
録画もしない、不熱心さです(汗。
 2007年10月21日 03:03
すびばせむ、no nameさんへのコメントの訂正です。
ヴィリャルス、ポジションはどこだったんだろうと思っていたら、
ヨンチェスさんのレポが出ました。
http://bcreekmexfutbol.com/index.php?option=com_content&task=view&id=670&Itemid=47
それによるとやはりno nameさんの書かれたとおり、
右サイドでよかったようです……。
お恥ずかしい。

言い訳ですが、今週末のアスル戦でも
どこにいるかといつもよりちゃんと注目して見てたんですが、
右にも左にもいたような。
若いから元気なのか、チョロチョロ動くタイプではあるようです。
グアテマラ戦でも、けっこう左寄りからシュート打ったりしてた
シーンが印象に残ってたんですよね。
むぅ、せめて代表戦くらいは選手をきちんと把握して、
誰がどこにいるのかフォーメーションくらいはしっかり書こうと反省しました。
(できるかどうかは別!?)
訂正  2007年10月22日 13:48
いえいえ、そんな謝らなくても。フォーメーションは試合を見る上での
あくまで参考でして、実際には選手はより自由に動きますし、特にメキシコは
ポジションチェンジが盛んで誰が何処にいたのかが分からないまま
終わることがよくありますよね。ウーゴの試合は分かりやすいほうですけど。

ビジャルスはFWの周りを色々と動き回るような選手ですよね。
U-20やクルス・アスルでは3トップ気味に出ていましたし、右サイドに
限定されたプレーではなかったのでしょう。
no name  2007年10月23日 18:31
>no nameさん
もともと私はそんなにわかって見てるわけでもないのに、
メキシコはおっしゃるようにグチャグチャフォーメーションなので、
なおさら訳わかんなくなったりします……。
でもあのクルクルと入れ替わるところがまた魅力だったりするんですよねえ。

ヴィリャルス、no nameさんの見立てでもそうですか。
ブラボなんかも、FWですがセンター固定じゃなくて左右真ん中、
あちこちに出没するタイプですよね。
小柄でよく動く選手はけっこう好きなので、ヴィリャルスも活躍してくれるといいなと思います。
 2007年10月23日 22:02
その辺りは近年、海外でプレーする選手が増えてきたメキシコの今後の
戦い方の方向性や如何に、といういつもの話しになってしまいますよね。

これまたランディン、カチョなどイジイジFWが多いという以前の話しから
メキシコでは小柄で動き回るような選手が大成していますよね。
ビジャルスは海外からも注目されていますから、あまり活躍すると
出て行ってしまうかも?
no name  2007年10月25日 23:41
>no nameさん
そうですねえ、メキシコらしいサッカーをする選手、という意味では
一概に海外に行けば活躍できるもんでもないし、と思っちゃいますね。
今のオリンピック予選の問題でスペインリーグ所属の三人が貸してもらえないとか、
サルシードの行ったり来たりの負担を考えたりとか、
そういう問題が出てくると、海外に行けばいいってもんでもない気がしてきます(苦笑。
たとえばブラボにデポルからオファが来ているという噂もありますが、
ブラボは欧州で活躍、できないような気がしちゃうんですよねえ。
つぶれて帰ってくるくらいなら、と……。
ヴィリャルスも、いつだったか欧州に行ったほうがいいと思うか、という
読者アンケートがありましたが、まだ未熟という答えが最多でした。
私も同感です。
まあこれからどうなるか、ですね……。
 2007年10月26日 10:40
海外の選手が増えることで弊害もありますよね。移動や練習時間の問題で
今までの高い組織力を保てなくなることもあるでしょう。その点では改めて
ブラジルやアルゼンチンの凄さを思い知るのですが。

ブラボは実力云々よりホームシックになりそうな気が・・・。
ベラのことではないですが、ビジャルスも海外へ行ってベンチを温めるくらいなら
当面はクルス・アスルで試合経験をどんどん積んだほうがいいでしょうね。
no name  2007年10月28日 12:15
>no nameさん
弊害、そうなんですよ〜。
今までメキシコ人はあんまり海外にいなかったので、
こんなにいろんな問題が出てくるのかと、ちょいびっくりです。
井の中の蛙も問題だけど、質を保てるなら国内でもよかったかな〜、
なんて思わないでもありません(苦笑。
ブラジルやアルゼンチン、確かにすごいですね。
まあ代表選手全員が欧州とかなら、それはそれで楽な面もあるかも!?(笑

ブラボ、ホームシックかぁ〜、なりそう、うぷぷぷ。
でもグアルダードもいるし、
オソリオとパルドのように知った顔がいればだいぶ違うかなあ?
サルシードがホームシックにならないで(いやなってるのかもしれないけど)、
うまくやって行けてるのは嬉しいですね。
まあ比較的近いドイツにふたり(三人?)いるってのも大きいかも。
ヴィリャルスははっきり言って、グアルダードに比べても小粒だと思うんですよね。
今の力量で欧州に行って使ってもらえるか、と言うと微妙〜。
となるとベンチ温めにいく可能性が確かに高いわけで、
それくらいなら、国内で使ってもらうほうが断然いいですよね〜。
 2007年10月28日 12:57
ブラジル、アルゼンチンは欧州で親善試合を行うケースも多いですよね。

ガリンドの在籍するフランクフルトでは今年から高原、稲本が
チームメイトとなりましたが、やはり同邦がいると心強いでしょうね。
そういえばスペインにはアギーレ監督がまだいませんでしたっけ?

チバスのオーナー、ベルガラにスペイン進出の計画もあると聞きます。
そうなればブラボもすんなり移籍できそうですが、これはまだ先の話でしょうか。
no name  2007年10月29日 22:10
>no nameさん
まあ欧州でプレイしている選手を招集しようと思えば、欧州で試合するのが一番合理的ですよね。
その点やっぱり、こないだのナイジェリアがメキシコまで来てくれたのは御の字ってとこでしょうか。

アトレティコのアギーレ監督、そうなんですよ。
私は割愛してますが、メキシコメディアでは海外選手と並んでいつも試合結果を気にされてます。
メキシコ人選手を呼ぶ話も噂はたくさんあるんですが、なかなか……。
まあ身贔屓で呼んだとか言われてもイヤでしょうしね。

ヴェルガラ、スペインにですか!?
うーん、それは知りませんでした。
中国に、チバス・チャイナを作った話は見ましたが。
スペインに作っても一部リーグに食い込めるんでしょうか?
え、いやいや、これまでの主義を貫くと、チバスはメキシコ人だけ、
サプリサはコスタリカ人だけ、とするとスペインチバスはスペイン人だけ!?
でもチバスUSAはアメリカ人だけじゃないし、チャイナもどうなんでしょうか、
スペインもきっと違いますね、メキシコ人大量に送り込みそう(笑。
まあホントに実現するのかどうか、楽しみです。
 2007年10月30日 01:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

親善試合 グアテマラ 3 - 2 メキシコ
Excerpt: グアテマラ 3 – 2 メキシコ 10月17日20:00(現地時間)、メモリアム・コリッセウム(ロサンゼルス)  主審:リカルド・サラサール(アメリカ) この親善が決まった後..
Weblog: Chapinlandiaの蹴球日記(旧 Guatebuenaなサッカーの日々)
Tracked: 2007-10-19 12:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。