2007年10月14日

第12節 チバス対ネカクサ


新監督フローレスになってから、
何となく好調のチバス。
おまけに、個人的な問題で精神状態が悪いからと
いったんチームから離れていたブラボが、戻ってきました。
しかし代表には(4人返してもらったとはいえ)
マガヨンとピネダを取られてます。

一方のネカクサは、かつてチバスで愛された監督ウェスタホフ。
成績は……ちょぼちょぼ。
しかもここ3試合全部、1−1の引き分け。
メキシコ代表には若手のオマール・エルナンデスが、
そしてコロンビア代表にロダイェガが招集。
それと、バルボサが前の試合でレッド。

第12節、なんだかんだで見逃していて、
これが最初のまともな観戦です。







この記事へのコメント
ヘスス・パディーヤの記事を書いてから、
この人が出てる試合見てなかったっけな、と調べたら、
うーん、この試合でメディーナと交代で入ったのが
パトランじゃなくてパディーヤになってますね。
medioからコピペした選手一覧なのに、変わってるし……。
でも実際にどうだったのかメモしてないので、
真偽のほどは不明。一応覚え書きとして書いておきます。
追記  2008年03月22日 00:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。