2007年10月11日

南米杯準々決勝 アルセナル対チバス


平日の5時半から、しかも何だか変だ〜と思ったら、
スタジアムの音声がほとんど入らないので、
何だかアマチュアの練習試合か何かみたいな雰囲気です。
少ししたらスタジアム音声も入ってきましたが。

ホームのアルセナルは臙脂ベースに袖とパンツが白。
チバスもいつものホームユニで白と赤なので、
なんかめっちゃ区別つけにくいんですけど。
パンツを見ればいいのか……。

チバスはGKミチェル、
DFエスパルサ、マサ、レイノーソ、マガヨン、メヒア、
MFラモン、アヴィラ、ピネダ、メディーナ、
FWサンターナ。
交代で入ったのは、アラウホ、バエスとハビエル・エルナンデス。
マサは89分にレッド退場。

アルセナルのほうはコピペで失礼。
1.- Mario Eduardo Cuenca
4.- Darío Espínola
21.- Jossimar Mosquera
16.- Aníbal Samuel Matellán
18.- Cristian Leonel Díaz
13.- Carlos Damián Casteglione(46分15.- Alejandro Gómez)
23.- Sebastián Carrera
5.- Andrés San Martín
10.- Santiago Raymonda(75分9.- José Leonardo Ulloa)
11.- Martín Ezequiel Andrizzi(46分17.- Pablo Sebastián Garnier)
7.- José Luis Calderón

DFのモスケーラってコロンビア人らしい。
もしかしてセビージャのモスケーラと兄弟だったりして?
とちょっと期待して調べてみたけど、母方の姓が違うので
たぶん関係ないです、残念。

主審はパラグアイ人、リカルド・グランセ。

ふあ〜、どちらもよく攻めていい試合ではあったけど、
どちらも最後の詰めが甘い〜。
というわけでスコアレスドローでした。

試合データはこちらリンクアイコン






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。