2007年08月29日

プエルタ最後の試合


見てどうなる……と思いつつ見てしまいました。

アントニオ・プエルタ、22歳、セビージャの左SB。
ガールフレンドは妊娠中で、来月出産予定だそうです。

たまたま、メキシコ人じゃないけどお気に入り選手のモスケーラが
パチューカからセビージャに移籍したばかりだったからちょっと興味を持って
セビージャという名前に反応していただけの私なんですが、
それでもこの訃報はけっこう胸に刺さりました。

なんか割と心臓発作で亡くなる現役選手が多いから、
心臓検査を義務づけてそういうことのないようにとFIFAだったか
どこだったかが注意を促した、なんてニュースも
一年くらい前にチラッと小耳に挟んだ気がするんですけど……。

で、午後4時半からのセビージャ対ヘタフェ再放送。






この記事へのコメント
お昼のニュースで亡くなったことを聞き、なんとも切なくて、悲しくて。
まだまだこれからの選手だったのに、運命は残酷です。

ブラッターは再度メディカルチェックの強化を呼びかけていますが、過密日程も関係してないのかなぁ・・・。

こんな悲しい事件が二度と起きないよう、クラブも、また選手本人も気をつけてほしいです。

ご冥福を心から祈りつつ。
monjablanca  2007年08月29日 12:42
>monjablancaさん
ドイツ語記事にも出てましたが、
2003年のコンフェデで亡くなったカメルーンのフォエ、
その一年足らずのちに亡くなったベンフィカのハンガリー代表(だっけ?)フェヘル、
で、私が記憶している心臓検査の強化呼びかけはこのころだったと思うんですが、
すべての疾患を見つけ出すことは不可能とは言え、
少しでも可能性を高めて、こんな事故をなくしてほしいですよね……。
特にプエルタの場合、以前にも具合が悪くなっていたというのだから、
なおさら何とかしようがあったのではないかと思ってしまいます。

そう言えば二週間くらい前かな?
メキシコでもどこだったかのユースで18歳(確か)の選手が
練習中に倒れて亡くなったというニュースがチラッとありました。
代表とか大きなクラブの選手でなくとも、そんな事故はけっこうあるのかも。

リーグが始まったばかりでチームメイトの動揺も大変でしょうし、
何より残された家族はたまらないでしょうね……。
もう本当に、ご冥福をとしか言いようがないです。

メキシコサッカー協会、コパアメリカのときの「脱走者」(とは言いませんが)事件で、
今後の代表招集とそれに関する行動についての規定を作るとか言ってます。
マスコミがいちいち騒がないで、休むべき選手をそっとしておく、
そんな規定にしてほしいもんですね、どうせ作るなら。
 2007年08月29日 13:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。