2007年08月05日

第1節 ティグレス対サンルイス


ぐああああ、スコアレスドローーーー。
何だか今日は暑いし気圧が低いせいかだるいし頭痛いし、
それで我慢してこんな試合見てしまってがっくり。
このあとのアトラス対トルーカのほうが盛り上がってるみたいだったのに、
もう疲れでとても見てられませんでした。無念。

というわけで、土曜日の他の試合、
ティグレスと同時刻のモレリア対ベラクルスは1−1、
そのあとにやってたアトラス対トルーカも1−1、
ティグレスの前に見たハグアレス対アトランテも1−1、
しかも三つともアウェイチームが先制、ホームチームが追いつく展開。
ティグレスもついでに1−1にしてくれればよかったのにね?
てか、四つ引き分けかいッちっ(怒った顔)






この記事へのコメント
試合前に紙ふぶきを機械で吹き飛ばしてラインを見えるようにする作業やってましたね。アルゼンチンのは見たことあるけどメキシコでは初めてです。

用意してあるとこみると毎度恒例ってことなのでしょうかね。
アッキー  2007年08月06日 18:21
>アッキーさん
さすが、しっかりチェックですね?(笑
そうなんですよ、もうすごかったですね、紙吹雪。
しかもこの日は悪いことに、風が強かったものだから、
あんな掃除機で吹き飛ばしたくらいじゃ、いくらでも
そこらにあるのが飛んできてまたラインが隠れて……。
まあそれなりによくある光景だと思います、
こういう最初や最後の試合とかクラシコとか……。
トイレットペーパー?投げられて、ゴール枠にいっぱい引っかかって、
なんてシーンもありますね〜。
アルゼンチンとかより回数的には少ないのかどうか、
わかりませんけど……(笑。
 2007年08月06日 20:43
そうですか。メキシコでも恒例なのですね。

紙ふぶきはともかく、ゴール枠にトイレットペーパー絡ませるのは基本的には試合開始遅らせるためですよ。

昇降格とか優勝かかった試合でわざと試合開始を他会場より遅らせて有利にしようという作戦。実は実際にスタジアムで見たことあります、日本なのに(笑)


アッキー  2007年08月07日 21:15
>アッキーさん
試合を滞らせるためってのはわかってましたが、
なるほど、こういうちゃんとした(?)理由があったんですね〜。
メキシコはいっせいに開始ってのが基本的にないので
(最終節だけは一年前くらいまでそうでしたが、それも廃止になりましたね)
そういう発想してませんでした。
降格がかかった試合だけは一斉にやるので、それならすごく納得です。

PSVの優勝が決まったエールディビジ最終節でも、
先に終わっちゃって他試合の結果が出るまでの数分、
あれはイヤだったろうな〜と思います(笑。
まああの数分の遅れはトイレットペーパーのせいだか何だかまでは知りませんが……。
 2007年08月07日 22:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。