2007年03月29日

親善メキシコ対エクアドル


夜9時から。
試合前にラモン・ラミレスが表彰されてました。
スアレスと同じ銀のお盆もらってました。

さて、メキシコスタメンは
GK オチョア。
DF オソリオ、ラファ・マルケス、マガヨン、O.ロハス
MF 真ん中にG.ガリンドとI.ロペス、左にグアルダード、右にアルセ
FW パコ・パレンシアとボルゲッティ

んで、試合開始30秒でメキシコのゴール。
そんなに強くもないパコのシュートがエクアドルDFラインをコロコロと抜けて、
GKの手の先もコロコロと抜けて決まっちゃった〜。
エクアドル、呆然。

ユニはエクアドルが三原色、メキシコ真っ白。

エクアドル、ドイツW杯ではじめのうちすごくいい試合してたよね。
あのイメージだったし、選手は黒人系ばっかりでフィジカル強そうだし。
でも試合最初の10分はメキシコのボールポゼッション90%?
10分過ぎる辺りからエクアドルも少〜し盛り返して、
一、二度力技でねじ込んできたりしたけど、精度に欠けて決めるに至らず。

そして全体には相変わらずメキシコ優勢。
パスもつながるし、ドリブル突破できるし、カットもできるし、
うわ〜、すごく上手に見えちゃうよ?
でも決められない。
パコは最初の一発とそのあとイエローもらったくらいで目立たず。
ボルゲッティは懸命にボールを追ってはいるけど、いまいち。
グアルダードは頑張ってるが、受ける人がいない。
アルセはファウルを受ける以外、どこにいるのかもよくわからん。

ラファ、いいプレイもするんだけどミスもするのは相変わらずだなあ。
最初のエクアドルの攻撃もラファのパスミスからだった。
そして44分、上がりすぎていたDFラインを突っ切って、
追いすがるラファを振りきって、テノリオが決めた。
オチョアも止められず、オソリオも間に合わなかった。

というわけで、前半は1−1で折り返し。
メキシコ、ボール支配はしててもこれでは勝ってると言えません。

さて、後半メキシコはチバストリオを投入。
アルセ、ボルゲッティとパコを下げて、
メディーナ、ブラボとボフォを入れる。
エクアドルも、得点したテノリオを下げてボルハを。

んで、後半10分でエクアドルのゴール。
嘘でしょ〜?
エリアの少し外、右寄りからのFK、
誰かがヘディングでつなぎ、オチョア飛んで、
ボールはファーポスト根元に当たって反対ポストへ弾かれ、
そこでフリーだったエスピノーサが蹴りこみ。
うあ〜、1−2です。

ちょっと焦りだしたメキシコ、メディーナやブラボが頑張るが、
エクアドルも根性見せはじめて、守りが固い。
一度なんか、ブラボのヘディング、GK抜いて決まった!
と思ったがゴールライン上にDFが突如出現、弾いた。

さらにFKへラファが飛んでヘディング、
それをマガヨンがつないでゴール決めた、と思ったらオフサイド。
マガヨン、触らなければラファのヘディングで入ってたかもしれないのに……。

なかなか流れが作れないメキシコ、苛々が募ってます。
ガリンドに代わってピネダが入り、チバス率さらにアップ。
それが効いたわけでもないだろうが、
直後のFK、ピネダが蹴ると見せかけフェイントで、
ラファが崩れた壁の隙間を抜いて、決めたーー!
よくやった、ラファ、あんたはDFしないでMFしてなさい!?

そしてこの辺りからようやくメキシコがリズムを掴み始める。
ボールが早く回って、パスがつながる。
よしよしよし、と思っている間に、
メキシコ3点目はブラボだったけど、功労賞はボフォ。
右から攻めて、手を回されて妨害されてもめげずにパス出し、
それがGKの脇下を抜けて反対側にボケッと(?)立ってたブラボへ。
ちょいっと蹴りこんでブラボのゴール。

そのわずか3分後に、今度はボフォが自分で決めた、4点目。
今度のアシストはブラボで、右からのクロス、
ボフォが合わせて飛んで、正面からヘディング。
エクアドルGK、溜め息。

89分にイスラエル・ロペスに代わってイスラエル・カストロ、
92分にマガヨンに代わってベルトランが入る。

エクアドルも随時交代してたけど、
入ったばかりのスーラが怪我でもしたか、すぐに交代でサリタマ。
しかしサリタマは役立たずでした。
PSVのメンデスはさすがにそれなりに活躍してたけど。

てわけで、4−2で終了。
2失点はよけいだったし、今後の課題だけど、
攻撃もそれなりだったからよしとするか。
しかし相手もややしょぼかったような気はしますが。

試合データはこちら







この記事へのコメント
その通りです!
スタジアムは、もともと野球場ですね…。
どうやらアメフトにも使うらしいので
野球専用という感じでもないみたいですが。

実はこの試合の動画探して、ゴールシーンだけ
コッソリ見たんですが、パレンシアのシュートは
確かにそんなに強くないのが、入っちゃいましたね。

このゴールとあともう1つのゴールを見た時に
エクアドルのGKがビミョーな気がして思わず調べたら
どうもW杯のメンバーには入ってなかったみたいですが
若手なのかな…。
W杯の時はほっぺの国旗ペイントがナイスだったモラだったけど
そのモラも怪我が出たGKの代わりだったような。
って、何かエクアドルの感想になってる。(笑)
Egoist  2007年03月30日 00:20
>Egoistさん
ああやっぱそうなんですね、スタジアム。
上から映ったとき、えらく真四角だなあと思ったんですが(笑。
まあペナルティエリアが広いからと言ってもPKだらけにはならなくてよかったです。

パコのゴール、え?と思う間に入っちゃいましたよね。
ゆるゆるだったのがかえってよかったのかも?

エクアドルGKモラ、そうそう12番で、
今回のアラゴンじゃなかったよね、と思い出して調べてみたら
モラはどうやら、チームがリベルタ杯出場なので
招集免除になった様子ですね。
アラゴンはベルギーのリエージュの選手みたいですね。
http://www.weltfussball.de/spieler_profil.php?id=43937
82年生まれだから、まだ若いですね。

私もエクアドルの話になってしまいました(笑。
でもドイツW杯、最初のほうよかったから応援はしてるんですよね。
今回は二戦とも今いちだったみたいで、どういうチームなのかよくわかりませんが……(笑。
 2007年03月30日 01:02
おー、亀さん詳しくどうもです!
モラは、なるほど…リベルタ絡みだったんですね。
個人的に、ペイントやヒョロヒョロした感じとかで
何か妙に印象に残ってるGKだったり。
今回のGKは、若いんですね。
って、調べたら実はモラも82年生まれで若かった。(笑)

メキシコ、4点取ったの久々な気がしますね。
4試合やって3勝1敗か…1敗がくやしい。(笑)
コパ終わってからは、もうちょっと苦手の欧州とやって欲しいなー。
なかなか呼ぶのムズかしいんでしょうけどね。
Egoist  2007年03月30日 01:54
>Egoistさん
こちらこそ!
あはは、モラも同い年でしたか!
そうか、意外とみんな若いんですねえ。
GKのポジション争いは熾烈でしょうが、
まあどちらも頑張っていいプレイ見せてほしいですね。

>1敗がくやしい。
い、言うなっ、言わんでくれッ!(笑
今回の一連の勝利にメキシコ人が浮かれてるのも、
その傷を忘れたいがため?って邪推してしまいます。
無駄に悲観的になるのも好きじゃないですが、
そんな浮かれるほどの試合内容だったかね?と。
次はそうですね、欧州のどこかとやって実力を測ってほしいですね。

また関係ない話になりますが、
チェコ対ドイツの試合前に、ドイツの監督が
チェコにはコラーという202cmの巨人がいるがと言われて、
コラーにはメツェルダー(193cm)とメルテザッカー(198cm)をマークにつける、
と答えていて、
メキシコ人から見たら恐怖の巨人戦だな〜、と笑ってしまいました。
 2007年03月30日 07:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。