2007年03月26日

第12節 パチューカ対アトラス


地味〜に好調でいい試合している2チームの対決。
と思ったけどパチューカ、10試合中6勝1敗3分けなのか。
11節の試合がまだ残ってるけど。
もっと負けてるかと思ってた。
しかし今日はコロンビア人トリオ、GKカレロ、DFモスケーラと
FWチティバがコロンビア代表に取られていない。
アトラスのほうも同じく10試合済ませていて、
5勝2敗3分け。
ナヴィア(チリ)とグアルダードが代表に取られて欠席。

で、どちらもいいリズムで始まった。
ホームのパチューカがやや押し気味に攻撃の波。
その中で、チャコ・ヒメネスがフェイントで相手DFつっ転ばして、
ミドルで決めた、パチューカ一点目。
その後もさらにどっかんシュート飛ばして元気なチャコ。

ところが、裏をかかれたパチューカ、アトラスに二連続ゴールを許す。
一点目はオソルノ、左から攻め込んでDF躱し、
今日のGKエドガー・エルナンデスって前ティグレスのGKだったのとは
同姓同名の別人ですが。
前、カレロが怪我したとき代わりに出てきたGKがちょっと不安定で、
これじゃあカレロまだまだ引退できないなと思ったけど、
あのときの人とは別だろうか?(確認したら別人でした)
しかしオソルノ、エルナンデスも物ともせずにゴール。
そしてそのわずか2分後に、またもアトラスゴール。
左からのパスを受けたオリヴェラ、でもオフサイドだろ〜、
線審しっかりしてくれよ。

一気に逆転されて真っ青のパチューカ、ここで踏ん張れるか!?
エリアライン上でシャツ引っ張られて倒れてFKになって、
チャコが蹴った!
これはすごかったなあ、ずっどんとまっすぐゴールに突き刺さった。
まあアトラス選手の足先が触れてちょっとコース変わってたのもGKに止められなかった理由かも。

そしてまたまたそのわずか2分後に、
またまたチャコのゴールだよ。
アルヴァレスの左からのクロスにばっちり合わせてヘンディング。

3−2で始まった後半、アトラスどうしちゃったんだ。
なんかすっかり元気なくなって、
グアルダードがいないのが響いてるかもねえ。
一方のパチューカはガンガン元気。
しかし前半でもカチョやサラサールだっけな、鼻血だらだら出してたけど、
後半ではピントが着地失敗して足首痛めたり、
チャコがぶつかって倒れて足痛めたり、
おいおい、大事にしてよね、コンカカフの試合もあるんだし。
でもみんなちゃんとピッチに戻って一安心。

しかしやや膠着状態の後半、26分、
カチョに代わって入ったばかりのランディンが右から横パス、
カバイェロがつないで左のアルヴァレスが決めた。
パチューカ4点目。

いやアトラスもいいとこ見せてよね、もう盛り上がってます、
画面半分、次に始まる親善試合に取られてるけど。

と思っていたら、後半36分、まだ2時じゃないよッ!!!
それなのに、試合終わってないのに、
親善のほうに切り替えられた〜〜〜!!
ばきやろ〜〜〜!
しかも、CMやってんじゃないよ、むか〜!
TVアステカなんか嫌いだ〜〜無責任テレビ局め〜。

というわけで、最終的スコアは今のところ不明。
【追記】最終スコアは4−2のままだった様子(むっつり)。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。