2007年03月25日

第12節 ケレタロ対テコス


ケレタロはフルメンバー、
テコスはGKコロナが代表に呼ばれていて代わりは12番のガライ、
それにドロゲットもチリ代表に呼ばれていない。

だからってケレタロがすごく有利というわけでもなくて、
まあ初めは元気にやっていた。
毛深いフィゴリ(おへそ見せないでください)のゴールで
前半はケレタロリードで折り返し、
しかし後半に入って用事してるあいだにPK?
エリア内でボールへ飛んで競り合ったときにシャツ引っ張ったらしい。
ポニーがばっちり決めてテコス同点。
しかもわずか数分後には動揺したか、ラファ・メディーナのクロスに
ノーマークだったエンシーナが合わせて二点目。

ケレタロ必死で反撃するが、なかなかうまく行かない。
このまま終わるかと思われた後半ロスタイム、
ケレタロのCKへ思い切り手を上げて拳でボールをクリアしたテコスのキャプテン……。
PK、ゲルクがこれまたしっかり決めて
2−2で終了。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。