2010年05月24日

リギージャ決勝 トルーカ対サントス


第一戦が2−2の引き分けで、
第二戦も90分では決まらず延長戦の末、PK戦までもつれ込みました。
PK戦ではサントスが優勝まであと3mmだったんですが……。
各チーム6本ずつPKを打って、4−3でトルーカが優勝です。

トルーカはこれで10回目の優勝になるのかな?
とにかくおめでとう〜、です!
サントスはさぞ悔しかったことでしょうが、
ロマーノ監督ともども、いいチームに仕上がったことは間違いなく、
そのことは誇りに思っていいと思います。

しかし、チェポ・デ・ラ・トレ監督はこれが三回目のリギージャ決勝で、
三回とも優勝を果たし(2006年開幕チバス、2008年開幕トルーカと今回)、
ロマーノ監督もこれが三回目のリギージャ決勝で、
三回とも優勝を逃しているそうです(2002年開幕と2003年閉幕立て続けにモレリアで)。





この記事へのコメント
>亀さん
ヴオソ、期待を裏切らない男ですね。私もやってくれるんじゃないかと思っていました。あれで一気に流れが変わっちゃいましたもんね。でもピッチもちょっと柔らかそうだったかも。
それにしてもタラヴェラ、いいGKですね。今シーズン結構見る機会があったのですが、セカンドGKにするにはもったいない。安定感もあるし、腕も長いし、個人的には好きなタイプのGKです。
コンクリ  2010年05月24日 19:01
>コンクリさん
ですよねえ。
実はツイッターで、PK戦の前にヴオソの顔が大写しになったとき、
「ヴオソ、外すんじゃねーぞ」てなことを書きかけたんですよ。
でもそういう先入観はよろしくないな、と思って書くのやめたんですが……。
書いてやればよかった(笑。
でも確かにピッチは緩んでましたね。
誰だったか、何度ボールを置いてもずれて苦労してましたが、
あれ、ヴオソでしたっけ? もう覚えてませんが。
タラヴェラはチバスでオスワルドの控えをやってたころは頼りなくて、
怪我でミチェルが出てきたときは、放出も当然かと思ったものですが、
クリスタンテの怪我でコンスタントにプレイするようになってから、
ものすごく伸びて安定感のあるGKになりましたね。
やはりもともと素質があったんでしょうね。
クリスタンテはピッチに戻ってくるようで、それも嬉しいですが、
タラヴェラはどうなるんでしょうね。
正直、クリスタンテは戻ってももう先がそんなに長くないし、
そんならいっそ潔く……と思わないでもないです。
トルーカもタラヴェラを手放したくはないでしょうし……。
 2010年05月25日 01:43
いやーー、このPK戦はもう一生の思い出です。確かに、4人目ブオソ、5人目カルリートスって、、途中で自分の過ちに気付いたかのように震えてたロマノ監督がちょっとかわいそうでした。個人的には好きな監督なので相手がトルーカじゃなければ応援したんですが。。(でも、5人目カルリートスはちょっと・・ですよね。。)

でも、この試合を優先して??マンシージャがチリ代表から外れたって話が本当なら、それもちょっと悲しいです。これだけやって戦力外は、まあ確かに代表戦はいまいちなんですが、でも・・って感じです。

まあ、とにかく、トルーカで頑張ってほしいです。後2回優勝すればチバスを抜けます!

perra brava  2010年05月26日 14:34
>perra bravaさん
何はともあれ、おめでとうございます!
いやあ、あのPK戦、すごかったですよねえ。
途中まではサントス、優勝を確信していたのではと思います。
ヴオソからすべてが崩れた……(苦笑。
ロマーノ監督、さぞ悔しかったろうと思いますが、
でもまあ私から見れば、充分よくやったと言っていいと思うんですけどね。

マンシーリャ、なんなんでしょうねえ。
(どこに書いたっけと後日探したので、メモしておきます。
https://twitter.com/rkv1508/status/14634815334
でもリギージャでも頑張ってはいたけど、ゴールは少なかったですよね。
実際に試合見てないと、数字だけで判断されてしまうかもしれない。
本当に呼ばれないのか、気になるところです。
ま、確かに、その分トルーカでがんばってくれたほうがいいかもですね(笑。
チバスと優勝回数張り合うとは(笑、
トルーカももうビッグクラブ仲間入りですね。
チェポが代表監督に引き抜かれないかどうかが問題ですが、
まあトルーカなら監督が誰でもそれなりに結果出してくれそうです。
アメリカを上回る、憎たらしいクラブになってください(笑。
 2010年05月26日 15:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。