2010年05月20日

フェレッティ、ピューマから虎へ鞍替え 他監督ニュース


各クラブ、監督の去就が何かと話題になっていますが。
今日の電撃ニュースはトゥッカ・フェレッティ、
プーマスとの契約を切って、ティグレスからのオファを受けることにしたと矢印緑 矢印緑

そう言えばツイッターのほうでしか書いてませんでしたが、
ティグレスはまず会長が挿げ替えになりました。
ここ一年ほどかな? 会長だったサンティアゴ・マルティネスが解任、
その前に会長だったアレハンドロ・ロドリゲスが戻ってきたそうです。
な〜にやってんだかな、ティグレス……。
そして4月末ごろに発表になっていた放出リストからも、
何人かの選手は残ってもいいよ、ということになったらしい。
ルーカス・アヤラとか、プリードとか……。

いや、だからさぁ〜、どの選手が残るとか、どの選手を獲得するとか、
そういうのは監督が決めるべきことなのでは?
で、ダニエル・グスマンはどうなるのよ?
というところがここ数日宙ぶらりんだったんですが、
フェレッティと水面下で交渉していたらしい。
ティグレスの新監督にはトマス・ボーイとフェレッティの名前が出てました。
けっこう噂も正しいことがあるんですね。

で、トゥッカはすでにティグレスで監督してた人です。
私が知ってる範囲では2006年閉幕シーズンの半年だけ。
まあ半年で何ができる、とも言えますが、さっさと解任になってプーマスへ。
それ以来今までプーマスでしたから、4年間。
でもトゥッカ、その昔にもティグレスで指揮を執っていたんですよね、
2000年の冬シーズンから6シーズン、3年間。
で、2001年にはリギージャ決勝まで行ってます。
パチューカに敗れてますけど。
というわけで、今度こそティグレスを立て直し、降格から救ってくれるか!?

で、一方のプーマスはじゃあどうすんのか、というと、
まあトゥッカの成績もこのところ停滞していたし、
そのアシスタントを務めていたギイェルモ・ヴァスケス・ジュニアが
後任を務めるそうです。
私は初耳の人ですが、長くプーマスにいて若手もよく知っているらしく、
これからのプーマスを支える人材を育ててくれるだろうとのこと。

ティグレス監督候補として名前が挙がっていたトマス・ボーイですが、
こちらはリギージャのド派手な敗退の仕方から、
これまた解任になっても仕方ないかなあと思われてたんですが、
モレリアは、トマス・ボーイ続投を決意したようです矢印緑

それから、このシーズン途中でルイス・フェルナンド・テナ監督を解任し、
パブロ・マリーニ監督を据えていたハグアレスですが、
このオフシーズンにクラブ幹部とオーナーに変更があり、
オーナーがサリーナスグループに、
会長がギイェルモ・カントゥに、
スポーツディレクターがエドゥアルド・デ・ラ・トレに矢印緑
その辺の変動のあおりを喰らってか、マリーニ監督も解任となり、
アトランテを解任されたばかりのホセ・グアダルーペ・クルスが
ハグアレスの新監督に就任したそうです。

それから、今シーズン18チーム中最下位、
リベルタ杯もあっさり敗退したサンルイスですが、
イグナシオ・アンブリス監督の続投が心配されていましたが、
こちらもとりあえずこのまま様子を見ることになったようです矢印緑





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。