2010年05月14日

5月30日の親善試合、相手はガンビアに


メキシコ代表、南アフリカ入りする前に欧州でいくつか親善試合をしますが、
そのうちのひとつとして5月30日にポルトガルが予定されていました。
が、それが正式にはまだ決まってなかったのかキャンセルか、
とにかく、ガンビアに変更矢印緑

ドイツ、バイロイトの Hans-Walter-Wild Stadium というところでやるそうです。

ものすごく関係ないですが、高校のころから大好きだったドイツ人オペラ歌手が
去年の8月に亡くなっていることを、今日偶然知りました。
しかも、音楽祭で来日中に東京の病院で亡くなったという……。
その歌手が歌うオペラを初めて聞いたのがバイロイトの音楽祭だったんですよね。
もちろん高校生のころですから、日本で、ラジオ放送ですけど。
そんなわけで今日はちょっと、試合の前後ずっと
彼女のことを思い出したりしてました。
そこへこのニュースで、バイロイトという名前が出てくるとは……。
サッカーではまずもってお目にかからない知名だと思っていたんですが、
シンクロニシティってすごいよなあ、と思った次第です。


というわけで、このあとのメキシコの予定は、
アステカスタジアムにて対チリ親善試合を5月16日、
今度の日曜の12時に。
それから今の26人のメンバーからふたり(たぶんDFとアギーレ)を外し、
24人で欧州に渡ります。
5月24日にイングランドと、26日にオランダと、
そして30日には仮想南アフリカであるガンビアと対戦ということに。
それから6月3日にはイタリアとの対戦も予定されています。

6月1日には最終的なメンバー登録をしなければならないので、
3日の対イタリア戦の前に、ひとりだけが外されて、
寂しくメキシコへ帰ることになるようです。
23人はイタリア戦のあと、南アフリカに向かい、
11日に対南アフリカの初戦が待っています。

けっこうなハードスケジュールですが、
怪我のないようコンディションを整えていってほしいですね。





この記事へのコメント
http://www.mediotiempo.com/futbol/seleccion-mexicana/noticias/2010/05/14/topo-y-aldrete-son-las-primeras-bajas-del-tri-rumbo-al-mundial

チリ戦を前に、欧州行きから外される二人が発表になりました。
アドリアン・アルドレテとトポ・ヴァレンスエラだそうです。
まあ予想範囲内でしたね。
チリ戦のあとで、とかいう話もあったと思うんですが、
行ってらっしゃいのお見送り試合に、行かない選手が出てるのも変か。
ともかくふたりは残念だったけど、仕方ないですね。
アルドレテのほうはまだ若いし、モレリアはリギージャ残ってるので、
気持ちを切り替えてクラブのほうで頑張ればいいですね。
ヴァレンスエラはアメリカ、今はお休み中かもだけど、
まあ来シーズンと新監督に備えてください。
追記  2010年05月15日 11:19
外れたのは、アルドレテとバレンスエラですか。
でも、そうですね…予想範囲内でしたね。
2人には気の毒ですが、ホント気持ちを切り替えて
頑張って欲しいですね。

あと1人は、FWの可能性が高いかな…どうだろう。
ただ、こんなコト考えたくないけど
これから手強い相手との親善試合が控えてるので
怪我人が出る可能性もあるからな…。
どうなるかわからない部分もありますよね。
Egoist  2010年05月15日 20:34
>Egoistさん
本人たちも薄々とでも予想していたと思いますけどね。
モレリア対サントス、私はサントスに勝ってほしいんですが、
今日の試合にアルドレテ出るのはちょっと無理かもだし、
モレリアが敗退するとアルドレテがかわいそうかな、
なんてことも考えたり(笑。
それとも今さらって感じで休めるほうがいいのかな……。
まあメキシコではDFは競争激しいですもんね。
もうひとりはFWかOHからひとりでしょうね。
怪我人が出たときのことも心配ですが、
それがどのポジションか、そこまで予測つきませんしねえ。
こればっかりは運に任せるしかないですかね。
でも欧州からひとりだけ帰らなきゃいけないのはかわいそうだなあ(苦笑。
 2010年05月15日 22:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。