2010年05月11日

対セネガル親善試合


あーあ、南アフリカを想定したであろう相手でしたが、
相手のGKミスをどうにか拾った一点のみの1−0.
相も変わらず決定力不足のストレスフルな試合でした。







この記事へのコメント
とりあえず、勝ちましたねー。
だけど、イマイチな相手に点が決められず
何とか1点…って感じでしょうか?

しかし、チチャロの好調っぷりは終わりを
告げちゃったんですかね…ちょっと気になります。

あと、ブランコさんはまぁまぁ良かったっぽい?
最近はいつもスタメンで、途中交代のパターンだったけど
やっぱり、今日みたいに試合がどうにもこうにもって時に
途中投入で変化をつけてくれる方が
効果的な気がしないでもないんですけどね…個人的には。
でも、ボフォもイマイチだったっぽいしな。
本番では、どうするのかな…アギーレは。

最後にコネホは、そんなにピンチはなさそうでしたが
そこそこ無難にこなしたのかな?

あ、オマケですがフランス代表メンバー候補の
発表はこれからです。
確か向こうの時間で今日のはず。
Egoist  2010年05月11日 23:03
>Egoistさん
とりあえず勝てたんだからよし、と言えたらいいんですが、
そしてメキシコメディアはそんな雰囲気なんですが、
どーも私は心がせまいようで……(苦笑。
まあここでがんがんゴール決めて楽勝〜、W杯も楽勝〜、
なんて思ってしまって本番でこけるより、
常に水面ぎりぎりのところでハラハラさせてくれるほうが、
メキシコらしいと言えばメキシコらしいのかもですね〜。
チチャロに関してはでも、ちょっとマジで心配です。
ずっとこのまま、なんてことのないよう祈ってますが。
クアウはやっぱり後発で入ると違いますね〜。
今回はよくボールに絡んでましたし、さすがと思えるパスも多発。
ちょっと思ったんですが、パス出しが全体に遅い印象です。
みんなドリブルかロングパスにこだわってるようで。
だから以前の短いパスが次々と、というシーンがあまりない気がします。
まだ連携がそれほどできてないからかえって難しいのかな、
などと考えながら見てたんですが。
コネホはミチェル同様ほとんど出番ありませんでしたが、
それでもいざと言うときはそれなりに安定したプレイを見せてました。
三人のGK、拮抗していて難しいところですね。

フランス代表、そうだったんですか〜。
他の国もどんどん発表しているようですね。
あとひと月、なんだかあっという間に過ぎてしまいそうです。
 2010年05月12日 02:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。