2010年05月03日

リギージャ準々決勝 アメリカ対トルーカ


スペクタクルな前半、2−2になってトルーカにレッドが出て、
そして後半は打って変わって退屈な展開に。
攻めきれないアメリカ、守り抜くトルーカ。
2−2で試合終了です。
トルーカ、第二戦に向けて有利な終わり方。







この記事へのコメント
>亀さん
代表に5人も取られているチーバスと3人取られているプーマスはリギージャ苦しいなと思ったのですが、代表0のモンテレイとトルーカが勝てなかったのは意外でした(トルーカは引き分けですが)。
4試合とも下位チームが頑張ったので、第2戦は面白いかもしれませんね。
コンクリ  2010年05月03日 20:44
>コンクリさん
ホントですね、今シーズンは下克上だらけになるかも、という出だしですね。
代表を取られるのはW杯あるたびにいつものこととはいえ、
やはり厳しいところがありますよね。
特にチバスはユース層が分厚いとはいえ、苦労しているようだし、
リベルタ杯もあるし、大変そうです。
にしても、リギージャいきなりの出だしから面白い試合が続きましたよね。
今シーズンはちょっと期待してみようかなと思ってます。
 2010年05月04日 22:37
http://www.mediotiempo.com/futbol/mexico/noticias/2010/05/03/cristante-se-prepara-para-volver-al-arco-escarlata

トルーカのベテランGKクリスタンテ、もうこのまま引退するのかと思ったら、
これから復帰するようです、失礼しました〜!
左足の負傷で今シーズンまるまるお休みしてましたが、
もうだいぶんよくなって、ピッチに戻るのも時間の問題とのことです。
タラヴェラもうかうかしてられんな〜。
とはいえ、クリスタンテももう歳ですし、いずれは引退も考えるころあい。
いずれはタラヴェラに世代交代するんでしょうけど。
追記  2010年05月04日 22:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。