2010年04月21日

第16節のメモ


第16節の他の試合もメモだけしておきます。

● ケレタロ対テコス 1−0
● ハグアレス対インディオス 1−0
● チバス対アトラス 0−2
● パチューカ対トルーカ 1−1
● プーマス対モレリア 2−0
● サントス対サンルイス 2−1

これで、プーマスが4つ目のチームとしてリギージャ決定、
月曜に試合をしたサントスも劇的展開で5つ目のリギージャ決定チームに。
リギージャ決定はモンテレイ、チバス、プーマス、トルーカ、サントスです。

最終節に勝てばリギージャ決定なのがモレリアとクルスアスルとアトラス。
どれもホームではありますが、相手はそれぞれモンテレイ、チバス、ハグアレス。
アトラスはハグアレス相手ならちょろい気がしますが、
ハグアレスもここに来てちょっと調子上げているようなので油断禁物。
チバスは代表選手を取られてから負けこんでいるので、
クルスアスルは勝つだろうという見方が大勢を占めているようです。
モレリア対モンテレイは……死闘ですな。

自分が勝っても他の試合の結果次第なのが、アメリカ、パチューカとケレタロ。
アメリカは上記三つのクラブのどれかが勝たなければ、自分が滑り込み。
もちろん、自分が勝てば、の話で、引き分けたら条件はさらに厳しく、
負けたらその時点でさようならです。相手はサントス
パチューカはアトラスとアメリカが引き分け以下なら、自分が勝てばリギージャ。
引き分けたらさらにいろいろ条件付き、負けたらあっさりさようなら。
でも、相手、ティグレスだしねえ。
ケレタロはアトラスが負け、アメリカとパチューカが勝たなければ、
自分が勝った場合(サンルイスだから可能性はあり?)リギージャ。
しかし引き分け以下では敗退決定です。

プエブラ、ティグレス、ハグアレス、テコス、アトランテ、
そして降格のインディオスとそれより下にいるサンルイスはすでに敗退。
サンルイス、ホントにリベルタ杯参加できるんですか?



さて、今節の試合、土曜の6試合は見事にすべてにレッドが出ました。
ケレタロ対テコス、テコスのディエゴ・ヒメネス、80分。
ハグアレス対インディオス、インディオスのハイール・ガルシア、60分。
モンテレイ対アメリカ、アメリカのモスケーラ、87分。
アトランテ対ティグレス、アトランテのチチャリート・ゴンサレス、29分。
チバス対アトラス、アトラスのリカルド・ヒメネス、36分。
パチューカ対トルーカ、パチューカのツヴィタニッチ、わずか8分。
あと、クラシコ・タパティオのアトラス監督イスキアもレッド退場してます。

日曜の試合もプエブラ対クルスアスルはすでに書いたように波乱万丈。
プーマス対モレリアでも、モレリアのクリスティアン・サンチェスが81分退場。

そして月曜に行われたサントス対サンルイスですが、
なぜ月曜だったのかよくわかりません。
新しいスタジアムで、週末は何かイベントでもあったんでしょうか。
で、この試合に勝てばリギージャ決定のサントス、張り切ってたんですが、
まずは先制するものの、10分後に追いつかれて1−1に。
後半は少し見てたんですが、膠着状態が続き、
しかし77分にサンルイスのパブロ・アギラールがレッド。
後半ロスタイムをあと10数秒残すというところで、
グティ・エストラーダが劇的なゴールを決めてようやく勝ち越し。
これは自分で決めるかと思わせて見事なパスを出したキンテーロの手柄も。
サントスのまるで優勝したかのような喜びようの中で、
選手たちの小競り合いがあったらしく、それを収めに入った主審の耳元で、
バロイが何か一言言ったらしい……。
そしてこの試合の主審はドラキュラでした。
すかさずレッドがバロイに突きつけられ、抗議するバロイ、
しかしこのやっとの勝利を逃してなるものかとバロイをなだめる仲間たち。
いやはや、バロイ、地雷を踏んでしまいましたね。
ドラキュラの耳元で罵ってはいけません、断じて。
でもサントスはこれで無事にリギージャ決定、
サンルイスは見事に今シーズン最下位決定?



あと、いくつかニュースですが。

モンテレイのアルド・デ・ニグリスは右くるぶしの手術決定だそうです矢印緑
三ヶ月は離脱とのことで、今シーズン絶望、W杯も絶望かな。
まあ代表はどっちにしてももう期待してなかったかもしれませんが。

クルスアスルのパラグアイ人、クリスティアン・リヴェロスは
シーズン前から契約更新が難しいと話題になっていましたが、
いまだに宙吊り状態なんだそうです矢印緑
今シーズンだってそこそこコンスタントに出てるのにねえ。
どうして契約しないのか不思議です。
このままだと、5月12日に宙ぶらりんのままパラグアイ代表に合流するとか。

それから、チバスから放り出され、半年のお休み宣言したとたん
足の指を骨折して数ヶ月の離脱となっていたラモン・モラーレスですが、
少なくともテコスの練習場で一緒にトレーニングさせてもらえるそうです矢印緑
まだ来シーズンの契約などはまったくわからないそうですが、
とりあえずグアダラハラでトップチームと(成績は底のほうだとしても)
一緒にトレーニングできるというのはよかったです。
しかしクラブ側は、これは何を約束するものでもないと明言しています。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。