2010年03月12日

リギージャの日程変更とかいろいろ


おととい、火曜日のニュースですが。
クラブオーナーたちの会合があり、いろいろなテーマが議論されたようです矢印緑

● リギージャを一週間延長に

メキシコ国内リーグのリギージャが始まるのは4月最後の週。
そしてその週にはコンカカフCLの決勝戦と、
リベルタ杯の八強決定戦が入ってくるんだとか。

今現在コンカカフに勝ち残っている8チーム中4チームがメキシコ
(トルーカ、パチューカ、プーマス、クルスアスル)。
よってコンカカフの決勝戦はメキシコチーム同士の対決になるだろう……
とサッカー協会は言ってるそうですが、いやいや待て待て、わからんぞ?
まあすべてのメキシコチームがホーム戦を残しているとはいえ、
トルーカとパチューカはかろうじて引き分け、プーマスは負けたし。
アスルはまだ今日が第一戦ですが。

リベルタ杯のほうはモレリアとモンテレイが参加中。
モレリアはだいぶ危ない感じだし、モンテレイも調子がいいとは言えませんが、
勝ち抜く可能性がないでもなく、
さらにはトーナメントからチバスとサンルイスが参加することになってます。
ぶっちゃけサンルイスはリギージャの可能性だいぶ薄いですが、
それ以外のチームは今のところリギージャに入る順位、または充分狙える範囲。

というわけで、リギージャと重なっては困るクラブが絶対に出てくるであろう、
というところを考えて、国内リーグのリギージャ日程を変更し、
いつもなら週日と週末にホームアウェイで行われる準々決勝を、
週末だけの二週間に引き伸ばして、
コンカカフとリベルタ杯がある週日には国内の試合がないようにするとのこと。

つまり、第17節は4月24・25日ですから、
リギージャ準々決勝第一戦が5月1・2日、
第二戦が5月8・9日、
準決勝が(週日もやるのかな?)12・13日と15・16日、
決勝が20日と23日でしょうか。
うん、そうするとドラフトとも日にちが合いますね。

● ドラフトは5月27日と28日

例年通りカンクーンで行われるドラフトは
5月27日(木)28日(金)だそうです。

● 来年2011年のU-17ワールドカップはメキシコ開催

ってことは前から決まってますが、
サッカー協会はその件についてもFIFAと話の大詰めに向かっているとのこと。

● クラブの事情あれこれ

◆ プエブラはダブルオーナーから単独オーナーへ?
経済的に問題を山ほど抱えているプエブラですが、
その大元はエナイネとベルナットが責任を互いになすり合っていたこと。
しかし今回、正式にエナイネがその権利を譲り渡し、
ベルナットが単独でプエブラの経営権を握るようです。
これで事態が改善されるのかどうかはわかりませんが……。
少なくとも監督と選手たちの給料はちゃんと払ってあげて。

◆ ハグアレスは売り出しに
オーナーのアントニオ・レオナルドがクラブを売りに出しているそうです。
どこが買うのかわかりませんが、チアパスからよそへ引っ越してしまうのかなあ。
せっかくチアパスにできたクラブ、州の名前を冠して盛り上がっていたのに、
最近は経済的にも問題があるのか、パッとしてません。
でもできれば引っ越さないで、そのままチアパスにいてほしいけど……。
どうなるでしょうか。

◆ チバスのエスクードを元の伝統的なものに
チバスはいつでしたか、一年ちょっとくらいまえに、
オーナーのヴェルガラが自分の趣味でチバスのエスクードを変更、
それに対して長年のファンたちが気に入らないと文句を言ってました。
私が見たら、大して変わらんのでないの?という感じなんですが、
思いいれのあるファンにとっては大問題だったんでしょうね。
それが今度めでたく、元のデザインに戻ったそうです。

◆ テコスは審判問題についてレポートを提出
メキシコの審判の質については今シーズン特に低下していると、
メディアでも話題になっていましたが、
文句垂れのピオホ・エレラ監督のいるテコスでは
審判のミスから被害をこうむったと主張することが多かったです。
事実、ちょっとひどいのではと思うケースも多々。
(とはいえ昨日のリベルタ杯の審判のひどさを見たあとではかわいいもんですが)
どんな提案をしたのかわかりませんが、
まあこれは協会にするっとスルーされそうな気も。

● プーマスがリーグ形式に関する改善案を提出
これまたどういう内容だかわかりませんが、
何やらいろいろ提案を出したそうです。
今後議論されていくのかどうか?




【2010年 クラブ:その他の最新記事】
この記事へのコメント
きっとモンテレイはリベルタドーレス、トーナメントまで行くので、
日程変更うれしいです。
なによりリギージャ1回戦のみでも、週末だけになってくれれば、
ホームとアウェー両方観戦できる可能性があるから、
うれしいです。

審判の件は、ボールのスピード、試合の展開が早いから
とくにラインズマンが試合についていけてない場面がありますね。
ただ、モンテレイに関しては、被害をこうむってる場合もあるし、
得した場面もあるので、どっちもどっちかなと・・・。

他の国と比べて、メキシコは比較的、審判のレベル高いと思うけどなぁ〜。
 2010年03月12日 09:59
>鬼さん
ですよねえ。クラブと選手たちばかりでなく、
観戦するファンにとっても過密スケジュールはつらいですよね。
でもモンテレイ、もうちょい頑張らないとトーナメント危ないですから、
これからしっかり気合入れて試合に臨んでほしいですね。

審判については、全般的にはレベル高いと思うんですが、
今シーズンは大きなミスがけっこう目立ってる気がします。
まあたまたま重なったりということかもしれませんが、
やはりできるだけ誤審は減らしてもらわないとね。
 2010年03月12日 10:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。