2010年03月03日

インディオス監督トレヴィーニョ更迭、チェリスは据え置き


前の第8節まとめ記事でも言及しましたが、
まずプエブラ対ハグアレス3−3の結果を受けて、
プエブラ監督チェリスが辞任を申し出ました。
エーと、何回目? 3回目くらい?
で、記事でも、またかー、と書かれてましたが、
その結末もまたかーの結局クラブに懇願されて居残り。
はいはい。
まあプエブラ、グループ5位と低迷してますが、
内容的にはそんなに悪いわけではない、と思うんですけどね。

その一方で、ティグレスが足を向けて寝られないフアレスのインディオス、
降格がいよいよ現実的になってきて、追い詰められ、
ホセ・トレヴィーニョ監督を更迭したそうです。
インディオスは実に、25試合白星なし。
2009年5月24日にパチューカにアウェイで勝利したのが最後だそうです。
それ以来25試合を9引き分け17敗。数が合わないよ?

降格パーセンテージでは、今現在インディオス0.8644と圧倒的びりっけつ。
ティグレスは1.1075と余裕です、インディオスがいればね。

トレヴィーニョは2009年開幕シーズン第12節にインディオスに来て以来、
14試合して一度も勝てていないらしい。
5引き分け9敗。

さてしかし次の監督が誰になるかが問題です。
決まったらコメント欄に追記します。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。