2010年01月08日

インテルリーガB2 けっこう混戦中


今年最初のクラシコはティグレス対モンテレイ。
ダンナもこれは見る気になったようで、いつものバーに出かけました。
でも……インテルリーガなんて誰も見ないよねえ、
しかもクラシコ・レヒオ、モンテレイダービーなんてさ。
けっこう人が入ってて、みんな音楽聴いてるのに、
私らだけの趣味でサッカーにしてくださいってのもなあ、などと迷いつつ
一応入ってボーイに訊いてみる。
え、何の試合ですかと言われました、そうでしょうとも。
説明したら、探してみるので座ってくださいと言われ、
しかしなあと遠慮してたら、カウンターの上のテレビだけサッカーにするから
このテーブルからだったらどうでしょうと言われてちょっと安心。

ところが、フォックススポーツ局でやってるはずなのに、
そしてそこのプログラムには確かにティグレス対モンテレイと出てるのに、
何だかちっとも始まらないでCMばっかりやってる。
10分を回っても始まらないので、別の局に替えられ、
そこではアトランテ対アメリカやってます。
それ、再放送だから。昨日の試合だから。
でもティグレスと出ているほうの局ではバルセロナ対レアルマドリード??
なんでそんなもんやってるんだ。
さらに他の局も探してくれたけど、やってるのはテコス対サントス。
それも昨日のです。

結局バーでは放映が見つからず、ちょっと飲んでちょっと食べて、
前半終わるくらいに帰ってきました。
ネットで探したら、変だなあ、ちゃんとフォックススポーツでやってるよ?
メキシコ局とアルゼンチン局、両方で。
それともメキシコ放映と米国放映があったりするんだろうか???

しかし毎度のことながら、Freedocastはつながらず、
Justinはすぐに定員オーバーになってしまう。
いろんなチャンネルを渡り歩いていたら、
たまたま後半、ティグレス先制ゴールを見てしまいました。
おおおお!
モンテレイ、チラチラと見た範囲では何だかえらい調子悪そう。
メンバーはハグアレス戦ほどではないけど、1.5軍くらい。
でもティグレス先発のキキンはバサンタに端から止められて役立たずめ〜。
まあ国内リーグはマジメにやるのかもしれませんが、
しかしインテルリーガ、これ自体は面白くない大会だとしても、
リベルタ杯出場がかかってるんだから勝つことは大事なはず。
まさか、モンテレイ、プーマスの二の舞じゃないでしょうね???

まあしかし腐ってもチャンピオン、
ティグレスごときに負けたら監督の首が飛びます。
後半終わりかけのぎりぎりのところで、バサンタのゴールで同点に。
これはもう見られませんでしたが。
バサンタ、大活躍だな〜。
まあティグレスは国内リーグで降格しないよう、集中したほうがいいと思うけどね。

というわけで、今年初のクラシコは1−1の引き分け。
一方の、その前にやったプエブラ対ハグアレスは1−0でプエブラ勝利。
プエブラは給料もらってなくても2連勝で、トーナメント進出決定かな。

プエブラ   6  +5
モンテレイ  2   0
ティグレス  1  −3
ハグアレス  0  −1

で、最後にハグアレスがティグレスに勝って、
モンテレイがプエブラに負けたらハグアレスが二位に食い込みます。
というわけで、二位以下はまだまだわからない状況。






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。