2009年11月30日

リギージャ準々決勝2 トルーカ対サンルイス


今日の試合は12時からのがテレビサ系。
さて、こんな時間にサッカー観戦できるところは……。
ダンナを早めに叩き起こし、買い物を済ませ、
ねえ今日は12時からの試合どこで見る?と言ったらご機嫌斜めのダンナ、
さあねえ、とつれない返事。
ふーんだ、いいよ、そんなら意地でもネットで見てやる! と思ってたら
11時半になって、試合始まるぞ〜もう行かないと、と言い出す天邪鬼ダンナ。

で、今日はこんなステーキハウスに行ってきました。

P1030378.JPG

12時15分前に到着したら、あれえ、誰もいないねえ。
玄関にたどり着いてみると、12時開店。
どうしようか、よそもだいぶ考えてみましたが、
二時間みっちり観戦するにはどうも……というところしか思い浮かばない。
やっぱりここが最適かも。ということで開店を待つ。
10分前には開いてくれたので、入って、サッカーをお願いする。
ここは米国系のチェーン店みたいなところなせいか、
あんまりメキシコサッカーを把握してないのか?
なぜかイタリアサッカーをセットしてくれる。
あの〜〜トルーカ対サンルイスを見たいんですけど、と言ったら、
じゃあ探してみます、何チャンネルかわかりますか?と言われた……。
てめ〜メキシコ人だろうが、んなことも知らないのかよ、
と言ってしまうのは暴論ですかね、やっぱ?
この店はスカイじゃなくケーブルテレビのようだったんで、
チャンネル番号はわかんないけどテレビサ系、たぶんカナル・デ・エストレーヤ、
と言ったらちゃんと探して合わせてくれました。
そのときすでに試合開始7分。

で、前半はご飯食べながら、トルーカ、ゴールできないねえ。
テレビでもしきりと、昨シーズンのインディオスに敗退した話を持ち出すし。
サンルイスは2006年の実績?もあるので、がっちり引いて守ってます。
合間にチョコチョコ攻撃に出て行くけど、GKタラベラ、成長したよねえ。
しかし実際サンルイスのほうが少ないチャンスに際どい攻撃をかけ、
トルーカは必死でゴール前に詰め込んでいるんだけど、うまく行かない。
まああれだけ引きこもられたらね……。
ガイェゴ時代に自分たちがやってきたことではあるんですが、イヤでしょ?(笑

さて、スコアレスのまま後半へ。
気持ちを立て直して猛攻撃のトルーカ、かなり押し込んでました。
どっちのチームにも大して興味のないダンナですら、目が離せない感じで、
うあ〜こりゃあ難しくなってきたな、と呟く。
どっちによ、と言うと、サンルイスにだよ、と言う。
トルーカ、ゴール決めると思う? と訊くと、わからんけど、と慎重。
でもまだ時間あるからな〜、とダンナ。
昨シーズンもそれを思って、ワンゴール決めればいいんだし、とずっと思って、
90分終わっちゃったんだよねえ、インディオス相手に。

そして、じりじりじりじり時間は削られていき、
トルーカはもう何だかやけくそになっていて、クロスをあげても遠すぎばっか。
それじゃあゴール決められないよ〜、昨シーズンの二の舞やる気ですか?

残り時間20分を切り、残り時間15分を切り……。
そして78分。
サンルイスGKアドリアン・マルティネスがミスった、それがすべてでした。
エリアやや左寄りにひとりで駆け込んだマンシーリャに、
アドリアン、飛び出すタイミングを一瞬、いや二瞬くらいためらってしまいました。
昨日も、カバーニャスが同じようなプレイでオロスコと一対一になったんですが、
オロスコはばっちりのタイミングで飛び出して、見事にボールを止めたんですよね。
アドリアンはそれが、できなかった。
GKの脇を抜けたボールはゆっくりとゴールのほうへ転がり、
でもそのままポスト向こうへ抜けそうな角度でしたが、
追いついたマンシーリャが無人のゴールへ押し込み。
トルーカ、爆発でした。

さて、これではトルーカ勝ち抜けになってしまうので、
サンルイスが今度は攻めに出る。
こうなるとトルーカもかなりやりやすくなって、
今度はカウンターで追加点か? と思いましたが、
サンルイスもここでしっかり反撃するだけのパワーがあります。
特に前半からよく頑張っていい攻撃の起点を作っていたブラウリオ・ルナが
再三クロスをあげる、あげる、あげる。
特に後半ロスタイムに入っての左からのクロスへロヘロがヘディングしたときは
一瞬、入ったと思いましたね〜。
しかしボールは奇跡のようにポスト根元近くに当たって
ゴールライン10cm前に跳ね返り、そこにいたGKタラベラが抱え込み。

このシーンをリプレイしている間に、トレソールに一発レッドが出ました。
何をやらかしたんだ、とリプレイを見たけど、ちょっとかわいそうだったかな。
ファウルはファウルだったけど、イエローでも充分だったような。
アルチュンディアさん、ちょっと厳しかったよ。
でも足を蹴られて倒れたノヴァレッティ、そのときは手当てを受けてプレイ続行、
でも試合が終わってからまた倒れこんで手当てを受けてたから、
もしかしたらやっぱりけっこうきつい打撃を受けてしまったのかも。

サンルイスは最後の一秒までよく頑張りましたが、
奇跡は起こりませんでした。
これにて、総合1−1、順位が上でトルーカが準決勝進出です。

モレリアが勝ち抜けば、
    トルーカ対モンテレイ
    クルスアスル対モレリア
サントスが勝ち抜けば、
    トルーカ対サントス
    クルスアスル対モンテレイ
という組み合わせになります。






この記事へのコメント
もうまさに、昨季のデジャブでした。

バルサ対Rマドリー戦も同じ時間だったのでチャンネルをパチパチ変えながら見てたんですが、バルサもトルーカも攻めてるんだけど最後の詰めが・・って感じで前半が終わっていやーな感じだったんですが、後半イブラのゴラッソでバルサが1点をもぎ取ったので、今度はこっちもって感じでトルーカ戦に集中しました。

インディオ戦の再現とばかり前線の選手を片っ端からつぎ込んだのがいまいち機能してなかったのでもう駄目かと思いましたが、ふう。マンシージャさまさまです。にしてもタラベラは頑張りましたね。

今モレリアが後半25分で2ー0で勝ってるので、この分ならトルーカ対モンテレイかな?今日みたいな試合でモンテレイに勝てる気はしないんですが。。
perra brava  2009年11月30日 09:42
今のトルーカなら、チャンスありです♪
 2009年11月30日 11:21
>perra bravaさん
あはは、私たちも見ながら、今ごろperra bravaさんやきもきしてるだろうなあ
って話してたんですよ〜。
バルサもクラシコやってたらしいですね、帰ってきてから知りました。
ラファ出てなかったし、関係ね〜や、と冷たい私です(笑。
確かに同時進行でどちらも難産、でも終わりよし、って試合になりましたね。
チェポ監督、こういうとき本当にどしどし攻撃選手を増やしますよねえ。
多ければいいってもんでもなさそうなんですが、
まあ今回はそれが効いたということでしょうか。
タラベラもクリスタンテの穴をよく埋めてますよね、正直びっくりです。
これならリギージャの残りも期待できそう。
相手はモンテレイになりましたね。
鬼さんが何か言ってますよ〜?(笑

>鬼さん
……と思っていたらコロッとやられるのがメキシコサッカーだったりしますよ?(笑
 2009年11月30日 13:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。