2009年11月19日

パチューカのカバイェロも引退表明


寂しいニュースが続きますね……。

まあカバイェロはだいぶ前から引退を匂わせ、
実際に引退すると宣言したこともありながら、
何となくずるずると今まで頑張ってきてましたから、
そんなに唐突でもなく、
比較的落ち着いて受け止めることはできますが
(というかアントニオのニュース以上のインパクトは当分いらないですね)。

今日は昼前から、カバイェロが自分の将来について発表するとニュースになり、
チームメイトたちが、せめてあと半年はと引き止めている話も出て、
どうなるのかな、とドキドキでニュースを待っていました
(テレビがないのでネットで待つしかない)。

で、やっぱり引退だそうです矢印緑
寂しいですね……。

カバイェロは1971年生まれ、現在38歳。
1989年、ちょうど20年前に母国のロサリオ・セントラルでデビュー。
1993年にはチリのアントファガスタというクラブに移籍しています。
そして1996年にメキシコのサントスへ。
サントスには1998年まで、5シーズン在籍しました。
それからパチューカへ。
合間にアトラスとプエブラへ、それぞれ一年間行っていますが、
そのたびにパチューカにまたすぐ戻ってきています(レンタルだったのかな)。

FWではないですが、メキシコに来て2シーズン目の97年夏には
13本のゴールを決めて得点王に。

そして何よりも、パチューカの栄光とともに歩んできました。
パチューカの国内リーグ優勝5回、つまり、すべて、
1999年冬、2001年冬、2003年開幕、2006年閉幕と2007年閉幕。
コンメボル大会で初のメキシコチーム優勝となった南米杯2006年、
コンカカフ優勝2007年と2008年、
第一回スーペルリーガ2007年。

2002年にはメキシコ国籍を取得し、メキシコ代表選手として
アギーレ監督のもと、日韓ワールドカップにも参加しています。
まあこのときには、いろいろと言われもしたようですが……。
でも今では、名実ともにすっかりメキシコ人ですよね。
パチューカのキャプテンになったのがいつごろかわかりませんが、
かなりの期間、キャプテンとしてやってきました。

その引退を惜しんで、パチューカではこれから5年間、
カバイェロの背番号8番を欠番とするそうです。
そして、カバイェロはサッカーから引退するわけではなくて、
リヴァロラ監督のアシスタントとして、今後もチームと一緒にやっていくとのこと。
まあ今シーズンもたぶん同じようなことをやっていたのだろうと思いますが。

国内リーグだけでも500を軽く超える試合をこなし、
これだけの優勝経験を重ねてきた選手はなかなかいないのではないかと思います。
お疲れさまでした、と言いたいところですが、
これからもパチューカをしっかりと盛り上げていってほしいです。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。