2009年11月16日

最終節の結果とリギージャ組み合わせ


あ〜今週末もテレビはやっぱり直りませんでした……。
で、またまたホリデイインのバーに行ってみたんですが、
ティグレスの試合は5時から。
それでも週末だし、開いてるかなあ、と期待を込めて行ったら、閉まってました。
がっかり。
5時からは4つも試合があって、そのうち3つがTVアステカ系なので、
mediotiempoさんでも確率低いだろうしなあ、
それでも他に当てがあるわけではなく、帰ってきてネット配信で見てたんですが、
7回目か8回目に定員オーバーで弾き出されたとき、ダンナが脱落。
パチューカががんがんゴール決めてリギージャ進出!ってなことになりそうもない展開で
私もそれからまもなく脱落。
しかもその直後には2時間半の長電話がありましたが、
それもテレビがなかったからできたことですね、よりによって最終節の日に。

というわけで、簡単に。

土曜の5時からの試合のうち、
モンテレイ対モレリア 1−1 はどちらもリギージャ進出決定してるので、
結果がどうなっても大して違いはなし。
ハグアレス対アトラス 2−3 もどちらもリギージャ敗退決定してるので、
これまた重要度は低かったんですが、意外な打ち合いになった様子。

そしてパチューカはほのかな希望をリギージャに残してました。
5−0くらいで勝って、裏のプエブラがトルーカに0−2で負けてくれたら
パチューカがプエブラを蹴落としていたんですよねえ、実は。
そしてなんとトルーカは本当に2−0で勝ってくれたんですが、
パチューカのほうがあいにくの結果となってしまいました。
見てなかったのでアレなんですが、あとから出た記事によると
試合後ティグレスのモリーナが、パチューカのリギージャ敗退をバカにしたらしい。
てかモリーナ、あんた自分とこがリギージャ出てないでしょうが!!!
んで、それに怒ったチャコとモリーナが揉めて、でもすぐに鎮圧。
なのに今度はムスタファとグリンゴ・カストロがトレスに絡んで、
それまた鎮圧されたのに、タウイランと再度チャコを巻き込んでの喧嘩騒ぎ?
最後にはスタッフやベンチ組も巻き込んでの騒動だったようです。
ま、最終節にはたいてい一試合はこんな光景になっちゃいますよね。

19時からの試合もこれまた残るリギージャへのチケットの奪い合い。
チバスは自分たちが勝って、サンルイスが負けてくれたらリギージャ行けたのに、
そしてサンルイスは何たることか、ケレタロに4−0という惨敗だったのに、
チバスは勝ちきれずにクルスアスルに1−0で凡退。
ま、相手が悪かったかもね。

21時からのアトランテ対テコスはやってることすら忘れてましたが、
こちらも両方敗退決定組で、スコアも0−0.

日曜はもうリギージャ進出がかかっている試合はなかったんですが、
敗退組同士のプーマス対インディオス、
しかしインディオスは降格がかかっているので落とせない試合。
プーマスもまたしかしこれ以上負けていては威信に関わる試合。
というわけで、仲良く1−1と勝ち点を等分。

最後のサントス対アメリカは、アメリカが負けたらモンテレイが4位に、
アメリカが5位になるというだけのわずかな違い。
リギージャの組み合わせはどっちにしてもモンテレイ対アメリカなんですが、
しかしリギージャの場合、4位になったほうは総合引き分けでもいいわけで、
1ゴールの差に泣くか笑うかの分かれ道が4位と5位のあいだにはあります。
で、アメリカが先制して笑うかと見えたところ、
サントスが意地で同点に持ち込み、1−1の引き分けです。
それでもアメリカが4位に食い込みました。モンテレイ、無念。

というわけで、リギージャ進出は、総合順位順に言うと
 1.トルーカ
 2.クルスアスル
 3.モレリア
 4.アメリカ
 5.モンテレイ
 6.サントス
 7.プエブラ
 8.サンルイス
となります。

よって、リギージャ準々決勝の組み合わせは
 トルーカ対サンルイス
 クルスアスル対プエブラ
 モレリア対サントス
 アメリカ対モンテレイ
となって、右のチームが先にホーム戦です。

準々決勝が水木の代わりに週末にずれこむので、
テレビの修理に少し余裕ができたんですが、
週末までに直ってくるかどうか……。
もういっそ緊急時用に小さいのでもいいから予備を買っても……
などと考えたりしてます、が、使わないときはどこに置くんだ、という問題が。
様子を見るしかないですね。





この記事へのコメント
http://www.mediotiempo.com/futbol/mexico/noticias/2009/11/17/suspendidos-que-dejo-la-jornada-17-del-a09

けっこう激しい試合が多かった最終節、
リギージャに出場停止になる選手たちと次のシーズンに持ち越しの
停止処分が発表です。

パチューカのグレゴリオ・トレスとティグレスのモリーナは3試合停止。
同じくパチューカのチャコは1試合。
ティグレスのアヤラも同じく1試合。
アトラスのボティネッリは5枚累積で1試合停止、
チバスのソリスはラフプレイで1試合停止。
以上が、来シーズンへの持ち越しとなります。

リギージャに響くのが、サンルイスのオルメド1試合と、
トルーカのウラディミール・マリン1試合(5枚累積)。
リギージャ組は案外少なかったですね。
出場停止  2009年11月18日 14:41
http://www.mediotiempo.com/futbol/mexico/noticias/2009/11/18/luis-perez-fuera-de-la-ida-ante-america

モンテレイのルチョ・ペレスが、怪我のためリギージャ第一戦は
出場できない見通しとなったとのことです。
第二戦には間に合うかどうか、今後の様子見とのこと。


http://www.mediotiempo.com/futbol/mexico/noticias/2009/11/18/pescadito-ruiz-descartado-para-el-juego-de-ida-contra-cruz-azul
プエブラのペスカディート・ルイスも怪我でクルスアスル戦第一戦をお休み〜。
右足の肉離れのようです。
ここまで来てリギージャにも出場できると言うときに悔しいでしょうが、
無理をして長引かせては元も子もないので、ちゃんと治してください。
追記  2009年11月19日 13:25
あら・・・ルチョ、出れないんですか・・・
気になります。
 2009年11月19日 18:02
鬼さん、そーなんですよ。
モンテレイ対アメリカは順位から言っても実際の試合振りから見ても
一番接戦になるだろうと言われてますね。
そんな中で怪我人を出すと、一気に難しくなってきます。
アルドも100%のプレイができるかどうか、厳しいですが、
頑張ってもらわないと……。
 2009年11月20日 03:44
アルドは絶対にやってくれます!!
 2009年11月21日 16:24
そうですよね、兄ちゃんの分も頑張らないと。
私、テレビ直らないんで、どうするか考え中です。
鬼さん、イベントも含めてしっかり見てきてくださいね〜。
 2009年11月21日 23:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。