2009年11月08日

第16節 クルスアスル対プエブラ


ちょいと翳りが見えていたかと思ったらまた快進撃のクルスアスルと、
なんだかんだ言いつつこれまで1敗しかしてないプエブラ。

テレビはもちろん直るわけもなく、
直してくれる人を見つける段階ですでにつまづいてるんですよね。
で、どうしようかなあと思いながら一応ネット配信をチェック。
前半だけ見ました。

36分、1点目、ロサーノの左サイドからのクロスへ
ヴィリャがばっちり合わせて走りこんでらくらくゴール。
ヴィリャは今シーズン得点王、ぶっちぎり独走中ですが、
そのゴールの何割だかがロサーノのアシストなんだそうです。
ヴィリャがメキシコ人じゃないのが残念(アルゼンチン人です)。

それからわずか2分後の38分、ヴェラスコが正面からシュート、
GKヴィリャルパンドがそれを弾き、
目の前に駆け込んでいたヴィリャがまたもゴール。
ラボルペも呆然。

そして45分、今度はヴェラスコが自分で決めました。
最初のシュートをまたもGKヴィリャルパンドが弾き、
それをヴェラスコが自分で拾って二度目の正直。

ここらで、ダンナが犬の散歩〜、と言ってきたので、
もういいか、と思って出かけました。
後半に入ってすぐに、プエブラの交代で入ったばかりのサリーナスが
何をやったのか一発レッドで退場してます。
そして、後半終わりかけにセバーヨスがとどめの四点目。

審判
Román Rafael Medina Vázquez (MEX)
Juan Joel Rangel Maya (MEX)
Rita Muñoz Villareal (MEX)
Armando Archundia Téllez (MEX)

ゴール
1 - 0 Emanuel Villa al minuto 36' a pase de Jaime Lozano
2 - 0 Emanuel Villa al minuto 38'
3 - 0 Gabino Alberto Velasco al minuto 45'
4 - 0 Pablo Daniel Zeballos al minuto 90' de cabeza a pase de Emilio Ezequiel Hernández






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。