2009年11月02日

第14節 アメリカ対ハグアレス


今日は12時からの試合は停電していて出かけてしまったので見られず。
でもまあアメリカ対ハグアレスはちょっと期待の組み合わせなんで、
今日はこっちでいいことにしよう。

前半はスコアレス。
アメリカが何度か素早い攻撃をかけるが、
ハグアレスもしっかり気持ちのこもったプレイで追いつく。
いいねえ、ティグレスも見習えば?
などと内心で悪態つきつつ観戦。

ハグアレスはGKがガト(猫)・オルティスの時代から、
コネホ(兎)・ペレスになってるけど、
今日はコネホもガトに負けない活躍。

後半もアメリカがやや押し気味の展開。
だったのに。

23分、0−1、オロスコ
コネホのゴールキックを受けてそのまま突っ走り、
GKオチョアを躱すシュートで決めてしまいましたよ。

(あれ? Medioさんのデータだとオロスコじゃなくてラッソになってる?
 テレビではオロスコって言ってましたが)

ハグアレス、アメリカには強いよねえ。
むははははは。

あああ〜、そう言ってる間に〜〜。
30分、1−1、エスケーダ
中盤近くからのFKをヘディングで決めちゃったよ。
んも〜〜。
決めたのがエスケーダというのがまた……。

そしてどっちかと言うとアメリカのほうがチャンスがありながら、
コネホと守備の頑張りでどうにか守りきって1−1で終了です。
最近我ながらレポが手抜きだなあと思いますが、
まあチマチマ出来事を書いても読み返すかどうかもわかんないしね〜。

試合終わってから主審に文句言いに行った誰かがイエローもらってたみたい。

審判
Miguel Ángel Ortega Rojas (MEX)
Héctor Manuel Delgadillo Castañeda (MEX)
Carlos Fidel Moreno Vázquez (MEX)
Jorge Eduardo Gasso Flores (MEX)






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。