2009年10月20日

第12節 見なかった試合


見なかった5試合すべて土曜日。

● クルスアスル対テコス 3−1

テコスは最初調子よかったのに、その後ガタガタですね。
ティグレスとしてはありがたいことなんだけど。
クルスアスルは後半の交代で立て直し先制するも同点に追いつかれ、
しかしそこでテコスのマウロ・セハスが一発レッドで退場。
そのおかげか、さらに2点追加しての勝利です。

● インディオス対アトランテ 0−2

インディオスは新監督トレヴィーニョを迎えてのホーム戦でしたが、
やっぱり一朝一夕には変わらないか……。
一方のアトランテもなかなか調子が上がらずにいますが、
貴重な勝ち点3を獲得。

● モレリア対パチューカ 2−0

パチューカはアウェイでもなぜか必ずティグレスと重なるので、
ちっとも試合が見られないんですが、
厳しいグループにいるとしてもちょっと勝てなさすぎでは……?
この試合についてはコンクリさんのレポがあります矢印青
これでモレリアはグループ2のトップに立ち、
総合でもトルーカに勝ち点1差で2位となっています。

● アトラス対ケレタロ 0−1

アトラスはぜったい何か問題を抱えてますね。
どうしてこんなにも勝てないんだろうか。
一方のケレタロはついに2勝目、しかもアウェイでの快挙、二連勝です。
レイノーソ監督、ずいぶん久し振りの現場だと思うんですが、
少しずつ調子を上げてきているようです。


● サンルイス対プーマス 1−0

プーマスはやっぱり勝てない……。
そしてサンルイスは急な監督交代にも拘わらずの勝利です。
トップのトルーカ以外が競り合っているグループ1で、
サンルイスは2位の座に登りました。
とはいえ、まだまだ油断はできませんが。

グループ別順位では、グループ1でサンルイスが2位に、
グループ2でモレリアがトップに、グループ3ではアトランテが3位に、
それぞれ浮上しました。

グループ1
トルーカ   26   8
サンルイス  17   3
チバス    15  −5
アトラス   14  −6
ケレタロ    9 −14
インディオス  4 −15

グループ2
モレリア   25  14
モンテレイ  23   9
アメリカ   22  12
パチューカ  19  −1
プエブラ   17   2
ハグアレス  14  −4

グループ3
サントス   24   8
クルスアスル 21   8
アトランテ  16  −2
ティグレス  14   1
テコス    11  −9
プーマス    8  −9






この記事へのコメント
http://www.mediotiempo.com/futbol/mexico/noticias/2009/10/19/suspendidos-que-dejo-la-jornada-12-del-apertura-2009
http://www.mediotiempo.com/futbol/mexico/noticias/2009/10/20/aaron-galindo-se-suma-a-los-suspendidos-de-la-jornada-12

ティグレス監督ダニエル・グスマンが2試合停止。
ケレタロのオクタビオ・アセヴェスが1試合。
テコスのマウロ・セハスが1試合。

それに月曜の試合でチバスのアーロン・ガリンドが1試合。

……だったんですが、次のテコスの試合にマウロ・セハスが出てる。
テレビでは出場停止解禁になったとか言ってましたが、
そんなニュース出てたっけ?
とにかく、比較的退場者の少ない週末でした。
出場停止  2009年10月24日 12:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。