2009年10月21日

コンカCL トルーカ対DCユナイテッド


えええ〜、今日はコンカチャンプの試合、ふたつ同じ時間ですか!?
しかもどっちもけっこう気になる組み合わせ。
クルスアスルは不調のサプリサ相手とはいえアウェイだし、
アスル自体そんなに絶好調でもないし。
しかしトルーカは迎えるのがUSAのチームDCユナイテッド。
でもホームだしなあ。
どっち見よう、とものすご〜〜く悩んでたんですが、
その時間になったらあっさり解決しました。
トルーカはライブでやってるけど、アスルのは録画放送かいッ!
……と思ったら、あれれ、アスルはやっぱり9時からですか?
そうだよねえ、メキシコチームの試合が重なってるなんて変だと思ったよ。

というわけで、トルーカです。
なんかピッチに白い粉を噴射してますが……まさかまたハチか!?

トルーカは前の試合でマラトンに敗戦して勝ち点12、
一応まだトップですが、ユナイテッドとマラトンが勝ち点9なので、
今日負けると、勝ち点12で3チームが並ぶ可能性が高く、
そうなると、かなり微妙なことになります。
得失点差ではトルーカ圧倒的なんですがね。

で、負けなかったんですが、勝つこともできず……。
1−1の引き分けでした。
トルーカのゴールは先日のティグレス戦に続いてPKのみ、
攻撃の得意なトルーカがまた泥沼にはまり込んでますか?

しかしまあとにかく一位でグループリーグは突破です。
マラトンが15点差で勝てば二位ですが。

DCユナイテッドは後日のマラトン対ヤプロテの結果待ち。
でもヤプロテは一勝もあげられてないので、
最後の試合がホームでもあまり希望はないかも。
一方のマラトンはこの試合に勝てばトーナメント出場です。

審判
Geoffrey Hospedales (TTO)
Simon Baptiste (TTO)
Mentor Baptiste (TTO)
Armando Archundia Téllez (MEX)






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。