2009年10月19日

第12節 アメリカ対プエブラ


今日はサッカーの試合がなぜかひとつしかない。
まあそんなら見るか、と思ってたら4時始まりの予定がいつの間にか4時半。
いいけど、どこのチャンネルでやってるの?
探しても探しても見つからなくて、もう諦めようかと思ったらやっと発見。
地上波ではやらずに、有料チャンネルだけ?
うちは別にそれでもいいけどさー。

アメリカは創立93周年記念だそうで(中途半端な数字だな〜)、
アステカでの試合、気合が入ってるはずです。

が、前半はスコアレス。
アメリカに何度かチャンスがありながら、
GKヴィリャルパンドのスーパーセーブでポストに飛んだり、
ジャガーの見事なクロスをエスケーダが盛大に外したり。
プエブラ、さすがに地味にいい成績上げてるチームだけあって、
守備がしっかりしてます。
攻撃のほうはペスカード・ルイスも頑張ってるし、
ボルゲッティも……まあ、たぶん。
しかしやはり決めるところまでは行かず。

後半も同じ感じで、ボルゲッティのシュートをオチョアがセーブとか。

イスマエル・ロドリゲスが空中戦で頬骨を相手の頭とぶつけ、
倒れてそのまま交代の様子。
首を固定してカートで運び出されますね。
このまま病院行きかな。

うは〜〜、ロスタイム6分で試合終了、スコアレスドローです。
お疲れさま〜。






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。