2009年10月13日

サンルイス監督ルナ、突然の辞任


サンルイスの会長自身もびっくりだそうですが、
フアン・アントニオ・ルナ監督が、この月曜日の会合で辞任を表明したそうです矢印緑

サンルイス、まあ成績がいいとは言えず、これまで3勝5分け3敗。
それでもこの週末に遣り残していた試合を消化して
アトランテに後半ロスタイムぎりぎりでしたが、2−1で勝利。
それによって2位以下が激戦のグループ1で3位に食い込んでいます。

今やめなきゃならない理由はないように思うんですが、
もしかしたら何か、健康上の理由とかあるのかも?

とにかくエドゥアルド・デル・ヴィリャール会長も驚きながらも
ルナの決定を尊重すると言っているようです。
そんで、サプライズと言いながら、後任はもう決まってる?
アルゼンチン人のミゲル・アンヘル・"スルド"・ロペスだそうです。
どこから出てきたの、その人?

何となく釈然としない展開ですが、まあいいけど……。





この記事へのコメント
http://www.mediotiempo.com/futbol/mexico/noticias/2009/10/21/juan-antonio-luna-dirigira-a-xoloitzcuintles

フアン・アントニオ・ルナ、サンルイスの監督を辞めて、
今度は二部リーグのティファナのチーム、
ショロイツクイントレの監督に就任だそうです。
もともとルナは二部リーグで監督として業績を残しているようで、
クラブ側からはかなりの期待を寄せられている様子。
サンルイスをやめたのだってびっくりなくらい成績悪くなかったですしね。
また一華咲かせてください。
追記  2009年10月22日 12:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。