2009年10月01日

対コロンビア親善試合


テレビでは8時半から、と言ってたので、試合は9時からかな〜と思ってたら、
Medioさんでは8時半からになってました。
変だなあと思っていたら、試合直前に、9時という表示が。
なーんだ、じゃあプーマスギリギリまで見られるな、と思い、
さらにはプーマスの最後の面白いところを犠牲にして犬の散歩をすませ、
さ〜て、そろそろ切り替えるか、とチャンネル替えたら……始まってる〜!
まだ9時になってないのに!
結局何時に始まったのか不明ですが、たぶん、8時45分。
むか。

メキシコスタメンは、GKコロナです。へー。
DFにアギラール、アヤラ、ドゥエニャス、オスカー・ロハス、
中盤にトラドとルナ、そしてヨナタン・ドス・サントスデビューです。
さらにエドガー・パチェコもでています。
FWにはカルデロンとカチョ。

コロンビアのほうでは覚えのある名前は
ヴラディミール・マリンですね、トルーカの。
あとでサントスのキンテーロも入って、しかもゴール決めました。

スコアは1−2、コロンビアが二点先制、
メキシコはもうこのまま無力に敗退かと思った後半ロスタイムに
チチャロとアギラールの連係でどうにか一点返しました。

審判
Ricardo Salazar (USA)






この記事へのコメント
medioさんの分析が出てました。早っ!
リンクはなしで。

こういう短期間で仕上げたチームを採点するのは難しいとのこと。
まあ確かに。

コロナ 5.5点 輝いていた、三本のゴールを防ぎ、二本のゴールで失敗した
アギラール 6.5点 最良の選手だった
ウーゴ・アヤラ 6点 よい、二年後には使えるだろう
ドゥエニャス 5.5点 堅実で野心的
オスカー・ロハス 5点 ベビーシッター
トラド 5点 監視してただけ
ヨナタン 5.5点 上級学校の生徒
ブラウリオ 5.5点 才能のきらめき
パチェコ 4.5点 リズムが崩れていた
カルデロン 4.5点 プレイなし
カチョ 4点 孤独〜
グリンゴ 5点 支援はした
アレジャーノ 無採点 よくぶつかっていた
チチャロ 無採点 持てるものは利用していた
エスケーダ 無採点 流れの中でうろうろ
アラウホ 無採点 ノーコメント
アギーレ監督 不敗記録はストップ

ということです。
うは〜、さすがに眠いんで頭働いてないかも。
適当な訳ですがごめん。
追記  2009年10月01日 15:13
ウーン、負けちゃいましたね。
負けたのは…アギーレが監督になって
初めてやったW杯予選の試合以来になるのかな。

何だかあんまり良くなかったみたいですが
確かにこのメンバーで時間もあまり…って感じだし
お試し要素もあるので、しょうがない部分もあるかも。
この試合では、アギラールがなかなか良かったっぽい?

ルナはフル出場でしたねー。
亀さんのレポと採点を見る限りでは
そこそこ頑張ってたのかな?ベテランらしく。
Egoist  2009年10月01日 20:04
Egoistさん、またコロンビアに負けてしまいました〜。
アギーレになって12戦不敗記録だったのがストップですね。
エルサルバドル戦以降負けてなかったんですねえ。
試合内容としては乏しかったですが、若手選手をいろいろ使えただけでも
まあアギーレに意義はあったのかなあ。
アギラールは頑張ってましたね、ゴール以外でも。
でも全体に守備にはみんないいとこボチボチ見せてました。
アヤラも誉められてますし、
私が見ていた範囲ではドゥエニャスやロハスもいくつかいいプレイしてました。
ヨナタンも守備にもしっかり貢献していて好感持てました。
ブラウリオも守備に頑張ってましたね。
しかし守備にいいプレイがいくつもあったってことは
それだけ攻められてたわけで、こっちの攻撃はどこいったんだ、て感じ?
カチョはこれが最後になるかもしれません。
チチャロ・エルナンデスは今後に期待したいです。
トラドが今回はまったくと言っていいほど消えてましたね。
カードももらわなかったようだけど(苦笑。
ブラウリオは反面、次も呼ばれていいかもってくらいに頑張ってました。
でもアギーレが終始ベンチに座ったまま指示も出さずにいたのがちょっと、
気になると言えば気になりました。
アギーレって親善試合だといつもこんなんですか?
まあ相手選手にカンフーキック食らわせるよりはマシかもだけど(笑。
 2009年10月02日 00:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。