2009年09月06日

W杯予選 コスタリカ対メキシコ


さて、コスタリカ対メキシコです。
裏のUSA対エルサルバドルはもう終わるところで、2−1、
ホンジュラス対トリニは時間ありますが今のところ2−0です。
(最終的には4−1となったようです。)

メキシコスタメンはGKオチョア、
DFグリンゴ、マガヨン、オソリオ、サルシード、
中盤にトラドとイスラエル・カストロ、両サイドにフアレスとジョバンニ、
トップにギジェとクアウテモックです。

コスタリカのほうは中心選手であるワルター・センテーノが怪我で離脱。
メキシコはラファとカルロス・ヴェラが怪我です。

主審は、うあ〜、トリニのニール・ブライザン。
問題ないことを祈ってます。

問題ありませんでした。
まあ多少荒れたシーンもありましたが。

いやあ、前半ほとんど消えてたジョバンニが、
前半ロスタイムに先制ゴール。
後半では右サイドに入って大爆発の2アシスト、
その恩恵を受けたギジェとグアルダードがそれぞれ決めて0−3です。

某所にも書きましたが、
メキシコ、やればできるじゃないかぁ〜〜〜〜〜〜!
今までのはいったいぜんたい何だったの?
ウーゴ、エリクソン、これ見て、何か言うことある?
って気持ちでいっぱいになりました。
やっぱりメキシコはメキシコらしい試合しなくちゃね〜〜。

審判
Neal Brizan (TRI)
Joseph Taylor (TRI)
Lyndon Burton (TRI)
Geoffrey Hospedales (TRI)






この記事へのコメント
今日のメキシコは気持ちもはいってましたし、
ほんといいゲームしていましたね。
久々にメキシコ代表の試合を見てて、
楽しい試合でした。
 2009年09月06日 14:40
いやー、3-0!よくやった!
取りこぼしているアウェーでどうなるかと思ったんですが
何だかんだで、監督になって初戦以来
負けてないんですよね…アギーレ。

今にして思えば、ゴールドカップの時も
何で2軍?とか言われてましたし、私も疑問があったんですが
アギーレにしてみれば、ちゃんと考えあっての
コトだったんだろうな…と現状を見てると思ってしまいました。
ギジェもね…。
目立った活躍はなさそうなんですけど
地味に時々ゴールしてるんだよな…これが。
とりあえず、良くなってるのは間違いなさそうなので
アギーレさすがというコトで、信じるしかないか。(笑)

しかし、アトレティコの監督やってましたし
状況的にムリだったとはいえ、こんな形でなく
次にアギーレに監督やってもらう時は
ホントは長くやって欲しかったんですけどね…。
まぁ、しょうがないか。

ところで、ドス・サントスはホント調子良さそうですね。
これもゴールドカップでの成果の1つと
言えるのかもしれないな…。

次はホンジュラスですね。
何気に現時点で首位。
何か上位は混戦模様なので、すんなりW杯に行くには
まだ落とせない試合が続きそうですね…。
気を抜かず、この調子で頑張って欲しいです!
Egoist  2009年09月06日 19:48
>鬼さん
わあああああ、鬼さんに誉められたッ!
凡ミスだらけだった各ポジションが、だいぶマシになってますよね。
それでもコスタリカのスピードとプレッシャーはそれなりのもので、
メキシコがおたおたして、見ていてハラハライライラするところもありました。
これからもっともっとよくなっていってくれる、はずなんで、
まあ期待しててください!?

>Egoistさん
初戦に負けただけで日本メディアになんか言われてましたよね〜アギーレ(笑。
でもホント、地道に堅実に立て直してってくれてて、
改めてすごいな〜、と思います。
そう、黄金杯のメンバー見たときは私も目を疑いましたけど、
今のチームを見ていると、当時の問題はチームの連係とかよりもむしろ、
個々の選手のフィジカルコンディションだったんじゃないかという気が……。
でもそれを踏まえてのチーム作りというか、配分ですかね。
トラドがまたイエローもらって、次の試合出場停止になるみたいなんで、
その穴を誰で埋めるのかがちょっと心配ですが、
ホンジュラス、そうなんですよね、トップに躍り出ちゃって、
でもそのホンジュラスを(ホームだし)やぶることができれば、
あとの試合落とさなければ、プレイオフに回る心配もなさそうです。
ジョバンニはほんと、このところの活躍すごいですよねえ。
トッテナムも、これ使わなかったら見る目なさすぎですよ。使ってください。

というわけで、今心配なのは怪我と出場停止ですね。
その穴を埋める人材がないわけではないけど、そんなに豊富じゃないので、
つまずくとあとが怖いです。
思うんですが、これまでの不調からようやく抜け出せたということが、
今のチームにはいい作用をもたらしてる気がします。
みんな気持ちよくプレイできて、勝てて、楽しい、という。
できればこの状態をもうしばらく、もっとずっと、保持してほしいですよね。
 2009年09月07日 01:04
まずニュースから。
クアウがもらっちゃったイエローですが、主審の完全な勘違いで、
ファウルやったのはギジェでした。
ギジェも、やったのは自分だと主審に申し出たそうですが聞き入れられず。
で、ちょっとコンカカフのサイトでもFIFAでも確認は取れなかったんですが、
http://www.oem.com.mx/esto/notas/n1314337.htm
この記事によると、メキシコからの抗議を受けて検証、
イエローはクアウからギジェに書き換えられたとのことです。
後半始まる直前に、スタジアムのアナウンスでその旨通達があったとか。
にしては、FIFAのサイトの試合データとか変わってませんが。
これでクアウは次の試合も出られ、その代わりギジェが出場停止。

トラドはここんとこずっと、国内リーグでもイエローもらいっぱなしですが、
代表のほうでもこの試合で二枚累積になるようで、次の試合出られません。

それから上記リンクの記事に出ていた話ですが、
ジョバンニの弟で、現在バルセロナ一部でデビューしたて(だと思う)の
ヨナタン・ドス・サントスをスペインが自国代表にと希望しているとか。
メキシコサッカー協会会長のデ・ラ・トレがお父さんのジニーニョと話し、
その件についての根回しを試みているようです。
スペイン、厚かましいわッ! いくらでも他にいい選手がいるんでしょうが!
追記  2009年09月07日 01:23
http://www.mediotiempo.com/futbol/seleccion-mexicana/reacciones/2009/09/06/asi-lo-vimos-analisis-del-tri-ante-costa-rica_22142_22142

まずはmedioさんの採点表です。
チームとしては9点。
甘いけど、まあいいか。泥沼から抜け出したご祝儀だと思えば?

オチョア 8.5点 ベース
グリンゴ 8点 要求されたとおり
マガヨン 8.5点 安定
オソリオ 8.5点 精密
サルシード 8点 よくなっている
イスラエル 9点 とても知的
トラド 9点 カードは残念
フアレス 9.5点 すごかった
クアウ 8.5点 いいおとり
ジョバンニ 9.5点 クラッカー
ギジェ 8.5点 戦いに勝利
グアルダード 8点 ちょうどいいときに
サバー 無採点 ノーコメント
ネリー 無採点 ノーコメント
アギーレ監督 9.5点 完璧なプラン

グリンゴを右サイドの守備に配置してあまり上がらせず、
その代わり本来ポジションがかぶるフアレスを同時に入れて、
こちらはDFよりもMFとして今回使ってました。
それがすごくよかったとmedioさんの評価です。
私にはいまいち、そこまですごかったかな、という感じなんですが……。

オチョアはこれまでのところそんなにすごい試合を見せたわけではないけど
そこそこ頑張ってるので、一応及第点。
欧州チームとか本当に手強いところと対戦するときに、
どのくらいできるかまだわかりません。

サルシードは今回一週間近く前に合流できたこともあってか、
このあいだよりずっといいプレイしてました。
medioさんも書いてますが、かつての切れるような鋭さはまだないけど、
充分なレベルにまで復活してきています。
でもまだまだできる、という期待がかけられます。

エクトル・モレーノはそう言えば今回まったく出てきませんでした。
ちょっとひ弱なところのあるグリンゴちゃんやオソリオ、
あるいは他のDFでも怪我をしたりしたときには
モレーノがいてくれれば心強いですけどね。
ラファにいたっては……まあいいか。

中盤はいつものトラドとイスラエル・カストロに、
今回はフアレスが右サイドにくっついて、中盤3人の形でしたが、
これも問題なく機能していたと思います。
トラドのイエロー癖だけは何とかしてほしいですが……。
クアウはおとりとしてよく機能していたと書かれてますが、
私には、おとりよりもっと積極的な働きをしていたように見えました。
最初のジオのゴールに的確なパスを出したのもクアウでしたし。
ファウルもよく喰らっていて、それだけボールに絡んでいたし。
お歳なのに、まだまだすごいよな、
ドタドタと走る姿はどちらかと言えば不恰好なのに(失礼。

ギジェはジオのおかげでゴール決めましたが、
これからも出てくるならもうちょっと頑張ってほしいです。
グアルダードは短い時間でしたが、その中でもよく走ってました。
サバーとネリーは活躍の時間が少なくて残念。
特にサバーはモレリアでの活躍を見る限り、代表でももっとやってほしい。
ネリーが入ってくると喧嘩おっぱじめるんじゃないかとひやひやします。
早く調子を取り戻して、落ち着いてプレイしてほしいです。
追記  2009年09月07日 01:52
http://www.oem.com.mx/esto/notas/n1314337.htm
こちらはestoさんの評価です。

オチョア:上出来、あんまり仕事はなかったけど。常に安全を確保し、的確に前に出、チームメイトに休憩と落ち着きと自信をもたらす。

グリンゴ・カストロ:袖の下のエース(切り札ってことかな?)、アギーレが要求する仕事をきっちりこなした。フアレスと一緒にコスタリカの左サイドを止め、批判の余地無し。

オソリオ:肘打ちを喰らって鼻血を出したが、それで戦う気力を奪われたりはしなかった。それどころかいっそうやる気を出していた(というか喧嘩腰になってたよね)。

マガヨン:代表に欠かせない。今現在の守備には、誰もラファ・マルケスを必要と感じない。チームはすべてのポジションにおいて堅牢で、ディフェンスラインにおいてマガヨンは土台。

サルシード:前よりサッカー的にずっとよくなっていて、それでも誰もがもっとよくなれると言うだろう。それは今回よくなかったという意味ではなくて、このプレイヤーはもっとできるというだけのこと。

フアレス:文句なしのスタメンとして絶対の信頼を勝ち取った。アギーレは彼をラテラルとしてもボランチとしても使えることを知っている。すべてにおいて充分約束を果たし、勇気のあるプレイヤーで、メキシコ二点目ゴールを生み出した(ジオに二点目のパス出ししました)。

イスラエル・カストロ:いつも黙って仕事をするが、効率的で集中力があり、すべてのプレイに注意を払っている。いいプレイをし、それによってメキシコ中盤がしっかりとしていた。

トラド:イエローをもらって次の試合に出られない。メキシコ代表のキャプテンはそんなもんだとみんなわかっている(ラファの時代からかッ!?)、常に全力で足を突っ込み、カードの危険を冒す。

ジョバンニ:前半は攻撃にほとんど参加していなかったが、終わる直前にクアウのすばらしいパスを受けてメキシコに先制点をもたらした。二点目でもキーとなるプレイをした(三点目もでしょ?)。拍手を受けながら退場。

クアウテモック:すばらしい試合。ゲームに対して広いビジョンを持っている。クアウがボールを持つごとに危険な香りがし、スタジアムは静まり返ってメキシコ10番が何をやるのか見守った。主審のミスでギジェの代わりにイエローをもらったが、観衆の拍手を受けながら交代した。

ギジェ:やる気はあるが、前半でクアウのすばらしいクロスを活用することができなかった。そのあとは疲れていたように見えた。プレイのリズムは最高の状態ではないが、監督の信頼を獲得している。ジオのパスから決めたゴールは今後のW杯予選においてギジェに重要な意味を持つだろう。

グアルダード:交代で入るなりいい動きをした。的確な交代、彼の才能と献身ですぐにチームに溶け込み、自身で始めたいいプレイを決めた(グアルダードが決めたゴールの前にジオにパス出ししたのはグアルダード自身でした)。

サバー:交代で入り、もっといいところを見せるチャンスはあったが、倒れてみることにし、目標は達せられなかった(一度倒れたけど主審は流しました)。それでもチームから外れることなく、さらにゴールを目指した。

ネリー:10分だけピッチに入り、あまりチャンスはなかった。彼がピッチに入ったとき、幸せな観衆は彼に向かって拍手で迎えた。

とのことです。
estoさんって、誉めて伸ばすタイプだよね〜。
まあ今回の試合は特に、あまりけなすところはなかったかもですが。
追記  2009年09月07日 02:22
ゴールシーンだけ見たんですが、1点目の
ドス・サントスのシュートも見事でしたが
ブランコさんのあのサイドチェンジも良かったですね。
何か彼ならではの視野の広さと正確さみたいのを
ちょっと感じて、そーいう部分はまだ健在なんだな…
と嬉しくなりました。
あの独特の走りは昔からですが、チョコチョコトテトテという感じから
さすがにお歳で身体が重そうになって、ドタドタに変化してますね。(笑)

あと、カウンターも見事でしたね。
2点目だったかな…ブランコさんが素早くギジェにあげて
それをすぐフアレスに…で、そのフアレスが頑張って
ドス・サントスにパスした流れとか良かったです。

ところで、ドス・サントスの弟くんですが
ちょっと気になるのは、たぶん彼って
スペインでの生活がジオバンニより長いですよね…。
ジオバンニはメキシコで、もしプレーするなら
父親がプレーしてたアメリカかモンテレイって
前に言ってた覚えがあって、アメリカ時代の
ブランコさんのコトもどうやら見てたらしいってのもあるけど
弟くんは、メキシコでどれだけ過ごしたコトがあるのか…。
詳しくは知らないので何ともなんですが、ちょっと不安。

しかし、トラドは何でそんなにイエローを
貰う選手になってしまったのか…。
昔はファールをせずにボールを奪ったりするのが
うまい選手だったはずなのになぁ…。
この辺が、みんなあの頃の輝きを再びって思ううちの
1つでしょうね…おそらく。(笑)
Egoist  2009年09月08日 00:34
Egoistさん、ハイライト見ましたか〜。
そうそう、最初のゴールのサイドチェンジはよかったですよね。
だから、おとりとしてという評価には納得行きませんでした。
試合通してかなり積極的にボールに関わってましたし。
あれだけ体重そうになっていても、そこそこの時間パワフルに走り回るから、
それはそれですごいですよね。

ジョバンニの弟ですが、そりゃあそれを言えばジョバンニ自身だって
大してメキシコに暮らしていたわけでもないし、
ネリーだって2歳までですしね。
まあ最終的には本人の希望ってことになるんでしょうから、
メキシコ側がどうこう言ってもしょうがないかもですが、
やっぱりできれば兄弟揃って代表でプレイしたいとか思ってくれないかなあ。

トラドのイエロー癖はほんとにちょっと何とかしてほしいですね。
いつごろからだったか、ここ一、二年のような気がします。
国内リーグならば5枚までいけるし軽減措置もあるからさほど影響ないですが、
国際試合はたったの2枚で出場停止ですからね……。
水曜の試合、誰がトラドのポジションに入るんでしょうか。
カストロとフアレスで中盤をやらせ、両サイドにジオとグアルダードとか?
人材がないわけではないので何とかなるとは思いますが、
うまく機能してくれるといいんですが。
 2009年09月08日 01:48
http://www.mediotiempo.com/futbol/mexico/noticias/2009/09/06/ricardo-osorio-con-esguince-de-primer-grado

代表のメディカルスタッフの報告で、
オソリオは右ふくらはぎに炎症と、右足首に軽度の捻挫だそうです。
顔のほうはだいぶひどいことになってたけど、大丈夫なのかな。
水曜にプレイできる程度なのかどうかはわかりません。

オチョアは右の前腕部に軽い痛み。
ギジェ・フランコは左太腿前部に打ち身のようですが、
どちらも大したことはないとのこと。
まあギジェは次、どっちにしてもお休みですが。

グアルダードは左頭部に打ち身、これも大したことはないけど、とのこと。
かなりきついファウル受けてたからなあ。

とりあえずみんな大怪我ではないようですが、
次の試合も気をつけてください。
追記  2009年09月08日 02:30
http://www.mediotiempo.com/futbol/seleccion-mexicana/noticias/2009/09/07/juan-carlos-cacho-convocado-al-tri

パチューカの出戻りFWカチョが代表に追加招集されたそうです。
まあこの週末ゴール決めてるしねえ。
使うと限ったわけでもないですが(どこまでも懐疑的)。
カチョは今日(月)の午後、代表に合流するそうです。
追記  2009年09月08日 03:53
アウェーとは思えない素晴らしい試合でしたね。本当にエリクソン時代の不調がうそのようですね。少し前までは本当に不安でしたが、早め(早いのかなw・・・)にアギーレに代えて正解でしたね。次のホンジュラスに勝てれば2位には上がれるでしょうから、ホームですし、プレーオフにいかないためにもここはなんとしても勝ちたいですね。にしてもトラード不在に加えて怪我人も多いようなのできびしい戦いになりそう・・・。

リカルド  2009年09月08日 14:49
リカルドさん、いつも応援ありがとうございます。
なんて書くと、お前のチームかよッ!って突っ込み入りそうだよなあ、
といつも思ってしまうんですが、私としては
遠い日本からこうして日本語で一緒に応援してもらえるのが嬉しい気持ちです。

エリクソン交代、早かったのか遅かったのかわかりませんね。
でもアギーレがあの時期にアトレティコ解任になってくれたのは
メキシコにとっては天の恩恵だったとしか、今となっては思えません。
それなしにはサッカー協会も、エリクソン解任に踏み切らなかったでしょう。
それでも本当に大丈夫なのか、不安な時期が続きましたが、
ここまで来たら、もう立ち直ったと言っていいでしょうね。
もちろん選手たちの怪我やチーム内の不和などが起こって
これから崩れる可能性がまったくないとは言いませんが……。
とにかく今の時期に重要な試合をやってしまうのはよかったと思います。
こう言っては申し訳ないですが、ラスト2戦がエルサルバドルとトリニなら
余裕を持って試合に臨めると思いますし。
かと言って油断したらやられますから、気をつけてほしいですが……。
何といっても相手もこれまでの予選を勝ち抜いてきたわけですからね。
トラドの穴をどう埋めるかがホンジュラス戦の課題となりますね。
明日の試合、何とか勝てるよう、応援よろしくお願いします!
 2009年09月08日 21:49
もはやメキシコサッカーは僕の人生の中心といってもいいぐらいの存在なので応援応援はもはや義務のようなものですw。こんな書き方するとそれこそお前のチームか、といわれそうですがw。

今ちょっと忙しい時期で以前はちょこちょこメキシコリーグの試合も見てたんですが、今はほとんど見る時間がない状態なんですがメキシコ代表だけは別ですw。特にここ3試合はもっとも大事であろう試合だったので見逃すなんてできませんw。見事3連勝で内容も伴って本当に安心しました。ホンジュラス戦のトラード不在もまったくといっていいほど影響なく進められましたし。

本当にアトレティコには感謝しないといけないですね。ゴールドカップのメンバーがあれ?・・だったり怪しかった時もありましたが、その時のメンバーだったフアレスやイスラエル・カストロがもはや欠かせない存在になりつつあると思いますし、数か月でよくここまで立て直してくれたものです。反面ノリエガなんかはお気に入りなのかなと思ったらあれ以降まったく声かからないですね。あとはパルドだけは呼んでほしいってことぐらいですかね。トラードやカストロが累積とかでいない時にはパルドほど頼れる存在はほかにはいないでしょうから。ホンジュラス戦のベンチに名前のリスト見たときに一瞬みただけなので名前間違ってるかもしれませんが、エレーラって選手が入ってたと思うんですが、この選手のことはまったく知らないんですがおそらくトラードの代わりに呼ばれた選手なんでしょうけども、パルド呼べばいいのにと思うのは絶対僕だけじゃないはずw。そういえばアメリカがトルーカに大量得点で勝った試合のハイライトはみたんですが、確かいいミドルきめてましたよね。カストロを批判するわけではないですが代表の8番はやはりパルドのイメージが強いです。パルド自身は13番に強いこだわりをもつというのをみたことがありますが。
リカルド  2009年09月11日 12:50
>リカルドさん
うわあ、人生の中心ですか!
実を言えば私もそれにかなり近いので、嬉しいです。
にしても、日本から大きな時差のあるメキシコの試合を見るのは大変です。
それを押して、応援してくださるリカルドさん、他の皆さんには
やっぱり感謝感謝ですね。
お忙しいときは無理のない範囲で、
代表戦優先でこれからもよろしくお願いします!

そうそう、黄金杯のメンバーを見たときはもくもくと不安が募りました(笑。
アギーレ、大丈夫かとまで思いましたが、
結果としては上々でしたね。
エリクソン時代の問題点はチームの連係ではなく、
個々の選手のフィジカルやメンタルだったのかもしれません。
アトレティコのアギーレ解任もたった二ヶ月かそこらの不振で、と
ちょっと不思議に思いましたが、それも結局万々歳の結果を生んでくれたし。

ノリエガについてはこちらでも、今日だったかな、テレビで言ってました。
悪くない働きをしていただけに残念ですが、
累積や怪我で使えない選手がいるときに思い出してもらえるといいですね。
パルドはアメリカで頑張っていますが、
トルーカ戦の一点目のゴラッソはすごかったですね。
ただドイツへ行く前のような輝きはちょっと消えている気がします……。
パスミスも多かったり、不要なファウルを繰り返したり。
まあファウルについて言えばトラドも同じようなもんですが(笑。
アギーレがなぜパルドを呼ばないのかわかりませんが、
一度は呼んでいるので、またチャンスは来るかもしれません。
とにかくしばらくはアメリカ立て直しに頑張ってもらうしかないですね。

エレラという選手は……もしかしてプーマスのバレラだったのでは?
後半でグリンゴと交代で入ったかな?
まだずいぶん若い、右サイドのOHの選手です。
トラドやパルドのポジションに入るにはちょっと荷が重いかもですね。
でもバレラを入れることでフアレスがサイドから中央寄りに移動し、
結果的にトラドの穴を埋めていたかも。
ただ、今回の面子でFKを確実に蹴れる選手がいないんですよね。
クアウかトラドか、ということになりますが、
やはりそこはパルド、少なくともロサーノがほしいところです。
トラドのイエロー癖が直らない限り、また累積があるでしょうから、
そこを埋める選手がほしいですよね。
 2009年09月11日 14:07
日本時間で朝5時の試合とかだとさすがにきついですが、眠気に負けるわけにはいきませんw。

さすがのパルドも衰えてるんですね。そう考えたら今でも代表の攻撃の軸を担えるクアウはすごい。

もしかしたらバレーラだったかもしれません。控え選手の名前が出てた時、最初画面をみてなくて最後数秒でぱっと見渡しただけな上、 あ、カチョだ とか思ってるうちに消えてしまったので全員正確には把握できてなかったみたいです。
FK蹴れる選手は確かに少ないですよね。ラファが復活すれば一応1人増えますけど。ここはメキシコの弱点といえるかもしれませんね。
リカルド  2009年09月14日 22:32
>リカルドさん
あああ、そうですよねえ。
私もたった一試合とはいえオランダのおサルが朝の5時とかでも、
仕方あるめぇって感じで眠い目をこすりながら見てしまいます。

パルドはそうですね、歳もあるでしょうし、欧州疲れ?もあるのかも。
それを思うとクアウはあの歳であの走りで(笑)
まだまだ選手としてチームに欠かせない資質を持っているってのは
かなりすごいことですよね。
パルドももう少ししたら、また落ち着いて
自分なりのプレイを見せてくれるのではと期待してますが。
今、アメリカ(メキシコチームの)がすごく好調なので、
その中でパルドも調子をあげていってくれるといいですね。

そうか、ラファもFK任される選手でしたっけね。
おサルもたまに蹴ってるんで、いいのを蹴る迫力がつけば嬉しいんですが。
やはり相手によってはセットプレイから狙うのが一番ってことは
よくありますもんね。
 2009年09月15日 02:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。