2009年09月06日

第7節 ケレタロ対モンテレイ


今日はメキシコ代表の試合が9時からあるし、
その前の7時からのティグレスの試合はたぶんテレビ放映の関係で
6時半からになったし、
そうすると5時からの試合はティグレスと一部かぶっちゃうから
見なくてもいいか〜、と思ったんですが。
よく考えたらレイノーソの監督復帰記念試合だし、相手はモンテレイだし、
やっぱり見るか、一応。

でもよく考えたら、このあと犬の散歩に行く時間がないので、
後半始まる前に出かけました。
後半で、モンテレイが巻きなおした様子。

結局ケレタロはあの一発だけで、
モンテレイが後半に2点決めて、1−3で勝利。
レイノーソは敗戦デビューとなりました。

審判
Julio Escobar Barba (MEX)
Salvador Rodríguez Gorrocino (MEX)
Antonio López Chávez (MEX)
Marco Antonio Rodríguez Moreno (MEX)






この記事へのコメント
なんで国際Aマッチデイにリーグ戦の試合してるんでしょうね・・・。
相手がケレタロで本当に助かりました。
今日のバロイはかなりよくなってました(笑)
デ・ニグリスも3試合連続ゴールで調子出てきてますね。
PKとったプレイもすばらしい方向転換でしたし。
 2009年09月06日 14:32
>鬼さん
まあねえ、そうしないと日程が合わなくなるんでしょうけど。
レペチャへ廃止してもこれですもんね。やれやれです。
ケレタロは新監督で張り切ってくれるかと思いましたが、
そうでもなかったですね。
バロイもいいプレイいくつか見せてましたね。
アルドはいやはやもう、後半見てなかったんで何ともですが、
ゴールの数だけで言っても明らかに調子上げてきてますね。
スアソいなくても決めてるじゃん〜〜〜(笑。
とにかくモンテレイ、外国代表選手たちなしでもできること証明しましたね。
 2009年09月07日 00:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。