2009年08月31日

エールディビジ フローニンゲン対PSV


PSVは冬の移籍でアフェライが出て行くかも知れないことを踏まえて、
フェンロで大活躍のホンダを獲得する噂も出ていますが、未確定。

一方で、21歳194cmのセルビア人DFJagos Vukovic、
ヤーゴス・ヴコヴィッチ、でいいんでしょうか?を獲得。
JagosVukovic.jpg
ポジションが右とか左とか情報が錯綜してるんですが、
左だとするとサルシードに厳しいライバル出現です。
PSVのファンフォーラムでもその辺について議論になっているようで、
ライバルができてサルシードも必死になるからいいだろ、という意見も。
そのくらいでレベルアップできるんならいいですけどね。

しかし、オランダ語がよくわからないんですが、
サルシードがクラブについて発言したことはメキシコメディアでも出てましたが、
なにやらあっちとこっちで相反することを言っているように
ファンフォーラムで指摘されていて、本当に言ったのか、翻訳が間違ってないか、
その辺の判断がどうもつかないんですが、何やら問題になっている様子。
しかしできれば移籍したいのは正直なところでしょう。
ただ、少なくともスペイン語メディアで読む限りでは、
今のルッテン監督については満足しているような発言だし、
クラブとの関係を波立てるようなことは言ってないと思います。

今日の試合は録画しておいてあとから見たんですが、
そのアナウンサーの話では、バイエルンからオファが来てるとか来てないとか。
うーん、私の個人的な感想としては……二年ほど遅かった!
とはいえ、噂の段階だし、まあたぶんそれはないような気がしますが。
でもアウェイなのに、カメラも入場のときサルシードを長々と映してました。
やっぱり何かと話題になってるんでしょうか。

試合は0−2でPSVの勝利。
どちらもおサルからジュジャク、クーフェルマンスの流れで決まったゴール。
後半でサイドバックに入ってからおサルはよくなってました。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。