2009年08月10日

第3節 トルーカ対プーマス


プーマスはさっそくカンペオニティス(チャンピオン病)を疑われてます。
2戦2敗じゃあなあ。
まあそのくらいすぐに取り返すさ、ということならいいですけどね。
一方のトルーカは2戦連勝。
まあ驚くことでもないですが、相変わらず安定してます。
特に今節からはクリスタンテもマンシーリャも戻るし。

今日はなぜか、12時からの試合のあと、何もないので、
頑張ってこの試合だけは見ることにしました。
だけどもうちょっとうまく試合を配分してほしいよなあ。
来週も、土曜に4試合しかなくて、日曜に5試合です。

プーマスはがんがん攻撃してたんですが、
なぜかぜんぜん決まらず。
トルーカの守備がしっかりしているのもあるし、運もあった(いや、なかった)。
一方でトルーカの攻撃はいいのに、プーマスの守備が崩壊してるから、
そりゃこうなりますわな。
3−0でトルーカ快勝です。
ウラディミール・マリン、コロンビア人がデビュー、ゴール。

審判
Miguel Ángel Ortega Rojas (MEX)
Juan Joel Rangel Maya (MEX)
Carlos Fidel Moreno Vázquez (MEX)
Genaro Medrano Ávalos (MEX)






この記事へのコメント
よしよし。ところどころ不安は残しつつも、とりあえず悪魔は3戦3勝で、来週はMTYで対ラジャドス戦です。どうせまた酷暑の中での試合なので引き分けでも上等。。といいたいところながら、例によって例のごとくパチューカも3連勝でくっついてきてるので、一応スーペルリデルを守るためやっぱ勝ってほしいですね。

何となく固定メンバーで膠着すると次の切り札がなかった前期と違い、1、2節に出てきてた若手を使ってバリエーションを増やすことが出来そうで、楽しみです。代表でいまいちだったエスキベルもしっかり前期の勢いを取り戻してて安心しました。

perra brava  2009年08月10日 05:14
>perra bravaさん
トルーカ、珍しい大型移籍があったから、どうかなと思ってましたが、
相変わらず安定してますね。
モンテレイは今節こけてますし、
次はまあホームってことで必死で来るでしょうけど、
どうなりますか、楽しみです。
マリンもまだ一回目なのでわかりませんが、いい滑り出しのようですし。

エスキヴェル、代表のときの精彩のなさが嘘のようですよね。
ドゥエニャスにしても、代表でこのくらい活躍してくれればと思います。
イスラエル・ロペスもすごかったし、代表に呼ばれないかなあ。
とにかく今シーズン、また優勝が狙えそうな勢いですね。
 2009年08月10日 08:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。