2009年08月09日

第3節 クルスアスル対モンテレイ


メサ監督のクルスアスルは、GKコロナと中盤のトラドが代表に取られてます。
さらに、監督はランディンとルーゴをU−20に送ったそうで、
そちらは一部リーグの直前に同じスタジアムで同じモンテレイ相手に
2−1で勝利、ランディンもゴール決めたとか。
アスルのGKは先週に引き続き、ヨスガルド。

一方のモンテレイもGKはちょっと不安なオロスコ。
でも前半ずっとモンテレイが攻勢で、
特にアヨビが頑張ってたんですが。
しかしなかなかゴールが決まらないうちに、
ロサーノのパスからヴィリャがヘディングで決めてアスル先制。
サンターナのオウンゴールっぽい感じもありましたが。
それで勢いづいたアスルが今度はかなり攻勢に。
しかしモンテレイは持ちこたえて1−0で前半終了。

後半はどちらも互角な感じだったかな。
それでも徐々にモンテレイが攻め込み始めたんだが、
そこでまたまたアスルのゴール、
さっきとまったく同じパターンでロサーノのクロスへヴィリャがヘディング。
モンテレイは怪我上がりのルチョ・ペレスをいれ、
スアソを入れ、何とか点をもぎ取ろうとしましたが、
後半はずっと降り続く寒そうなしょぼしょぼ雨に気勢をそがれたか、
2−0のまま試合は終了です。

この試合、冒頭をちょっと見損ねたんですが、
何やらカメラマン同士の殴りあいの喧嘩があったみたい。
何が原因だったのか知りませんが……。

審判
Mauricio Rafael Morales Ovalle (MEX)
Carlos Ayala Cuéllar (MEX)
Mario Jesús López (MEX)
Osvaldo Sánchez (MEX)

ゴール
1 - 0 Emanuel Villa al minuto 34' de cabeza a pase de Jaime Lozano
2 - 0 Emanuel Villa al minuto 62' de cabeza a pase de Jaime Lozano







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。