2009年07月30日

メキシコにユースリーグ新設


今のメキシコフル代表があまりにも不甲斐ないから(黄金杯決勝除く)、
かどうかは知りませんが、今シーズンから
メキシコサッカー協会、何やらユースリーグを設立すると言ってました。

どういう内容なのか、とにかく始まるまではよくわかんないや、
と放置してたんですが、国内リーグとともに
U−17リーグとU−20リーグなるものも始まりました。

どういう仕組みになっているかというと、
これまで二部(Primera A)にいた一部リーグチームの下部クラブを極力廃止し、
その分、各クラブでU−17とU−20チームを作ります。
そして一部リーグで行われる対戦組み合わせと同じ組み合わせで試合をする。

そうやって、各クラブに強制的に若手を育てさせようという魂胆らしいです。
細かいルールなどはまたいずれサイトのほうにまとめてみようと思います。
面白いルールとかあれば、ここでも記事にするかも。

ところで、そうなると気になってくるのが一部リーグの例のルール、
「20歳11ヶ月ルール」です。
若手選手をユースリーグのほうに回しちゃったら、この規定を満たせなくなるのでは?
じゃあこの20/11ルールが廃止になったかというと、そうではなくちゃんとあります。
ユースリーグでプレイしている選手は場合に応じて一部リーグでもプレイできる、
とかそういう規定があるのかもしれません。
その辺はサッカー協会の文書を丁寧に読まないとわからないので、またあとで。

とにかく、U−17とU−20もそれぞれ第1節を行っています。
その結果がまたちょっと面白い。
何しろ一部リーグと同じ顔合わせでやるわけですから。


             一部   U−20 U−17
テコス×パチューカ    2−3  2−2  (延期) 
アスル×ハグアレス    0−2  2−1  1−1
インディオス×モンテレイ 0−0  0−2  1−2
ティグレス×プエブラ   1−1  8−0  3−0
アトラス×プーマス    1−0  2−0  1−0
トルーカ×チバス     4−3  0−1  3−2
モレリア×サントス    1−1  2−1  1−1
サンルイス×アメリカ   1−1  1−1  0−1
ケレタロ×アトランテ  (延期) (延期)  (延期)

ご丁寧に、一部リーグが延期だと、ユースも延期になるようですね。
ただ、U−17のテコス×パチューカがなぜ延期になっているかは不明です。

こうして並べると、ユースはきっちり勝ってるのに、大人は……
という屈辱感を味わわせるのが目的でしょうか?
その際たるチームは、我が家のティグレスですかね〜〜。
何、このスコア、8−0って。
U−17も3−0とプエブラに完勝してますし。
で、8−0のゴール選手を見ると、スーペルリーガで活躍した
アラン・プリード(アルマンドじゃなく:こちらは一部に出てました)、
アクーニャなどの覚えのある名前がちらほら。
ふーん、なるほど。

しかしユースというのは、
歴史や設備や資金のあるクラブのほうが圧倒的に有利になったりしないでしょうか。
その意味で、クラブ間の差が大きく出てしまう気はしますね。
まあこういうリーグができたら、貧乏クラブでもイヤでも
ユースに力を入れざるを得なくなり、若手が育つことでしょうが。

しかし四部リーグ(Tercera Div.)もU−20からなるリーグなのに、
これもこのまま存続?
まあこちらは一部リーグ所属のクラブとは関係ない(おおむね)クラブだから、
また別腹ってことでしょうか。

これだけユースに力を入れたら、数年後が楽しみですね(半分イヤミ)。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。