2009年07月21日

ボリビアで12歳選手が一部リーグデビュー


ちょっと気になるニュースがあったので。
メキシコ関係ないんですが、ボリビアというとそんな他人でもないし。

ボリビア一部リーグのアウロラというクラブで、
12歳の少年マウリシオ・バルディヴィエソがデビューしたそうです矢印緑
ラパス相手に1−0で負けた試合だそうですが、
後半に交代で入って、10分ほどプレイしたとか。

実は、このクラブの監督が選手のお父さん。
しかし負けてる試合に息子入れるって、しかも12歳って……。
まあこの水曜(7月22日)には13歳になるんだそうですが、
でも今は12歳。
背番号は、お父さんも使っていた10番。

mauricio-baldivieso1.jpg

まあ、小学六年生にしてはけっこうしっかりした体かなあ?
でもやはり大人に混じってプレイするには無理がないのか、心配です。

試合ではやはり相手選手に突き飛ばされて倒れるシーンがあり、
監督(お父さん)や他のスタッフたちが審判に詰め寄ったとか。
しかしこれ、相手チームもやりにくくて迷惑だと思うんですが……。

コメント欄にあったので探してみたら、Marcaの記事には矢印緑
倒されて泣いちゃったという話も出ています。
そのまま試合続行できないかと思われたが、どうにか気を取り直して
プレイを続けたとか。

こちらのボリビア記事によると矢印緑
少年は「パパは試合に勝っていたら入れてやると言ってたんだけど、
実際には負けていたのに入れてくれた。
パパと観客みんなの支援を感じた、とても感謝している」と言ってます。
10分のあいだに4回ボールに触れ、一度はいいクロスをあげたとか。

まあそれはいいんだけどね、
でもやはりそんな子供を、とちょっと思ってしまいました。
マニョン君だってクラブW杯であんだけ嫌そうな顔してたのにね(笑。

mauricio-baldivieso2.jpg

こちらが、その親子。
マウリシオ君は緊張しているのか何なのか、
あまりハッピーそうな顔に見えないのが気になりますが……。
お父さんの期待に押しつぶされず、
才能を伸ばしていってほしいものです。





タグ/ボリビア
この記事へのコメント
>亀さん
バルディヴィエソか、懐かしいですね。昔10年ちょっと前くらいに横浜マリノスで2シーズンくらいいました。結構活躍していたような
コンクリ  2009年07月21日 11:05
>コンクリさん
へええ〜〜、そうだったんですね!
当然ですけど、お父さんのほうですよね(笑。
日本でプレイしていた人だとは知りませんでした。
12歳で一部リーグ選手としてプレイする才能があるのはすごいことですが、
いろいろプレッシャーやハンディもあるだろうし、
お父さんも名誉や記録よりも、息子さんの成長を一番に考えてくれるといいですよね。
 2009年07月21日 12:22
>亀さん
やはり問題だったんですね。結局こうなったみたいです。
http://sports.yahoo.co.jp/news/20090725-00000021-ism-socc.html

プレーを見ていないので何とも言えませんが、皆が生活をかけてプレーをしているプロの世界にプライベートを混同したらまずいよね。
コンクリ  2009年07月26日 13:20
うわ〜、やっぱり非難ごうごうでしたか。
当然と言えば当然ですよねえ……。
しかしお父さん監督辞任にまで問題発展するとは。
スペイン語でもニュース読んでみましたが、
当然ながら、息子マウリシオ君もクラブを辞めるとか。
まあ残ってどうなるもんでもないし、このお父さんならそんなこと許さないか。
にしても、やはり一部リーグデビューの下限年齢は設けるべきかもですね。
でないと、話題性を狙ってどんどん若手をデビューさせる競争が過熱しそう。

以前、女子サッカー選手を男子チームに混ぜる、みたいな寝言が出てましたが、
それだって相手チームやチームメイトのことを考えたら、
やっぱり普通に迷惑ですよね。
女だから、じゃなくて、やはり単純に「違うから」であって、
それは子供選手であっても同じことですよね。
そういうところをもう少し考慮して、息子さんを使ってくれればよかったのに
と思わずにはいられません。
 2009年07月26日 14:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。